アメリカ巨人企業が支配する飲食料業界の展望

生き残りをかけた競争戦略でM&Aも活発に

ここまでアメリカ企業を紹介してきたが、アメリカ企業以外にも有力プレーヤーが存在する。その代表格がスイスに本社をもつ世界最大の食品・飲料メーカーのネスレだ。2018年12月期の売上高は932億ドル、従業員数30.8万人と圧巻の規模を誇る。コーヒー、チョコレート、アイスクリーム、ボトル入り飲料水、ベビーフード、日用品など幅広いジャンルの事業を展開している。

ネスレが展開するキットカット(写真:ネスレHPより)

有力ブランドとしてコーヒーの「ネスカフェ」、ココア飲料「ミロ」、チョコレートの「キットカット」、炭酸ミネラルウォーターの「ペリエ」、調味料の「マギー」ブイヨンなどを抱えており、日本でも定番のものばかり。直近はペットフード「ピュリナ」が成長しているほか、飲料水の事業再編に着手している。

M&Aを駆使した成長戦略に注目集まる

ミネラルウォーターのブランドといえば「エビアン」「ボルヴィック」も有名だが、この両ブランドを保有しているのがフランスの食品メーカー・ダノンだ。

フランスの食品メーカー・ダノンが展開するボルヴィック。日本でのマーケティング及び販売はキリンビバレッジ(写真:ダノンHPより)

ダノンの名前は、日本ではヨーグルトのブランドとして知られており、同社の事業もヨーグルトなどを中心とする乳製品が全体の56%を占める。ブランドとしては「ダノン」だけではなく、「アクティビア」「オイコス」などを展開している。ちなみに「アクティビア」は日本では「ダノンビオ」として販売されている。また同社はベビー用や医療用の栄養食品にも注力しており、医療用医薬品では欧州トップ、ベビー用では世界2位の地位にある。

英国のせっけん会社とオランダのマーガリン会社が合併し誕生した家庭用品の世界大手企業ユニリーバは、2018年12月期の売上高583億ドル、15万4848人の従業員を擁する大企業だ。直近の売上高構成では食品・飲料は全体の4割(シャンプーなどパーソナルケアが4割、日用品が2割)だが、それでも230億ドルを超える規模に達する。

食品・飲料事業だけをみても、カップスープの「クノール」、紅茶の「リプトン」、アイスクリームの「ブライヤーズ」「ベン&ジェリーズ」など多数のブランドを保有している。収益の過半を新興国で稼ぎ出しているのも同社の特徴で、ローカルブランドのM&Aも推進している。

食品・飲料業界のグローバル大企業の多くは、これまで合従連衡を繰り返し、その過程で有力ブランドを手に入れてきた。消費者に最も近いこの業界では数多くのブランドが存在し、その中には強力なローカルブランドも少なくない。今後も生き残りをかけた競争戦略の有力な手段としてM&Aが活用されることは必至で、こうしたブランドが巨大企業の傘下でグローバルブランドへと拡大していく可能性は高い。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT