安全運転で割引されるテレマティクス保険の今

自動車保険の先駆者プログレッシブ社の強み

アメリカではテレマティクス保険と呼ばれるタイプのサービスが注目を集めています。写真はイメージ(写真:iStock/IGphotography)

コネクテッドに自動運転、シェアリングに電動化。これらの頭文字を表す「CASE」というキーワードが示すとおり、自動車を取り巻く環境は劇的に変わりつつある。それは関連サービスの1つである自動車保険の世界にも及んでいる。

いま自動車保険で「テレマティクス保険」と呼ばれるタイプのサービスが注目されているのをご存じだろうか。

テレマティクス保険はアメリカで誕生

テレマティクスとはテレコミュニケーション(通信)とインフォマティクス(情報工学)を組み合わせた言葉で、カーナビやGPSといった車載機器と通信システムを利用して情報やサービスを提供することだ。

『米国会社四季報』2019年秋冬号は現在発売中。書影をクリックすると東洋経済のストアサイトにジャンプします

テレマティクス保険は、通信システムを活用して走行距離や速度など自動車の走行状態、ドライバーの個別の運転情報を保険会社が取得する。それらをもとに保険料を算定する保険で、インシュアテック(保険+テクノロジー)の1つとして欧米で先行している。

スウェーデンの調査会社ベルグインサイト社の調査によると、北米では2018年末時点で契約数が1060万件、23年には4980万件に達すると見込まれている。

これを最初に開発・商品化したのが自動車保険で全米3位のプログレッシブ(PGR)だ。1937年に設立され、1987年にニューヨーク証券取引所に上場している。

同社は1990年代から走行距離や速度、時間帯と事故の確率の研究を続けており、2004年にPAYD(Pay As You Drive)型(実走行距離連動型)と呼ばれる走行距離に応じて保険料を設定するタイプの「TripSense」をスタートした。

さらに2011年からは、走行距離や速度のほか急アクセル・急ブレーキなどの運転特性も加味して保険料を設定するPHYD(Pay How You Drive)型(運転行動連動型)の「SnapShot」を提供している。

次ページ「SnapShot」の仕組みとは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小学校<br>子どもが幸せになる選び方

新型コロナ対策に追われる小学校で、4月から学習指導要領が変わりました。プログラミング教育、英語の必修化、アクティブ・ラーニングなど、新しい学びの体系の中で学校の違いがさらに鮮明になります。子どもが幸せになる学校を徹底分析しました。