平成の「節約セオリー」がもはや通用しないワケ

"モノ"を節約してもどうにもならない

では、見直すべき固定費はどうだろう。

例えば家賃。シングルで働いている人たちが口々に言うのは、「駅に近い(または職場に近い)から引っ越したくない」という言葉だ。移動時間はコストである、というのは今どきらしい考え方だ。駅近物件には女性の場合は防犯上の理由もあるだろう。

となれば、やはり家賃を下げるために駅から遠くへというわけにはいかない。職住接近を好む傾向は共働き家庭にも共通で(保育園のお迎え都合などもある)、田舎に引っ越せば住居費は安くなるといっても、その選択はしにくいのだ。

次に、通信費だが、たしかに改善の余地があるように思える。スマホにネット、ほかにもWi-Fiを別に契約している例もある。プランの見直しやWi-Fiの解約をしてもいいのではと思うが、よく話を聞くとできない理由が見えてきた。

ニュースにしろエンタメにしろ、もはやTVでは視聴しない時代だ。ドラマも映画も、ほととんどネット。スマホやタブレットであらゆる動画を見る以上、ギガが足りないというのは生活の質に関わる大問題なのだ。

テレビで見ればかからないお金だが、家にもいないし、そういう時代ではなくなった。それに、インスタグラムやツイッターなどのソーシャル支出は削れない。これも一種の「つながりコスト」といっていい。

通信費については、ITリテラシーが高ければ、格安スマホやモバイルWi-Fiのプランの組み合わせで圧縮できる方法もあるだろうが、皆が最新のプランを比較検討できるスキルはない。アドバイスする側もそれに詳しいFPばかりではない。誰もが節約したいと思っているが、それでネットに制限がかかるのは耐えられないだろう。

このように、平成から令和にかけてお金のかかりどころは大きく変化している。「モノ消費からコト消費へ」とはよく言われるが、コト=体験という文脈で語られるのとは微妙に違う。

コトというと、自分が能動的に選択できそうだが、他者と一緒に行動する「つながりコスト」や「ソーシャル支出」は、なかなか自分ではコントロールできない。減らしたくても、それを阻む心理があるからだ。「付き合いが悪いと言われたくない」「年相応に稼いでいると思われたい(から、多めに払う)」、そういう第三者からの評価を気にするあまり、それを節約しようとは考えられない。

〇〇費を削る、という発想はやめよう

つまり、単純に食費や交際費を削りましょう、家賃の安い住居に引っ越しましょう、通信費のプランも変えましょうというアドバイスには、現実味がない時代になったということだ。高いなりに理由があり、厄介なことにそれが不可欠な支出になっていたりするのだ。

家計診断の際、「住居費は〇%」「食費は〇%」という目安を知りたがる人は多いが、その発想自体がナンセンスになりつつある。

次ページ令和の節約法は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。