平成の「節約セオリー」がもはや通用しないワケ

"モノ"を節約してもどうにもならない

昭和・平成の節約は、「やたらにモノを買うな。買うならなるべく安く買え」でよかったのだが、令和時代は、モノなどもともと買っていない。使っているのは、交際費やレジャー費というソーシャルな支出で、「我慢して減らす」という手法が取りにくい。

満足度の高い使い道を優先すべき

そのため、筆者自身はお金の使い方のアドバイスをするときには、「いちばん削りたくない費用はどれですか」と聞くようにしている。限られたお金を有効に使うには、自分にとって満足度が高い使い道を優先すべきだからだ。

自分が使いたい費目にはきちんと使う。その代わり、ほかの支出は我慢する。自分が満足できる使い方ができていれば、それほど寂しい気持ちにはならないものだ。使い道の優先順位をつけることで、節約のストレスは軽減できる。

やっかいな「つながりコスト」に関しては、友人との飲み会が外せないなら、店選びは自分がする。低予算で料理もおいしい、相手も満足する店をリスト化しておく。自分が主催すれば、いくらでおさめるかの算段もできるだろう。

とはいえ、月に5万も6万もかかっているのは問題だから、「行かない曜日」を決めるという方法もあるだろう。同じ曜日なら、誘われても「資格講座に通うことにしたから、これから水曜はダメ」なんて言い訳もしやすい。

誰かとつながりたいと考えるのは人間ならば当然だ。家族というユニットが分解し、1人ずつのユニット同士がつながっていく時代においては、「揺るぎない自分のお金の軸」を持たないと、そのコストは膨大に膨らんでいく。そして、貯蓄に回るはずのお金を食ってしまう。貯めにくい時代がやってきたと、つくづく思う。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。