熟年離婚から3カ月で再婚した63歳のリアル

30年連れ添った伴侶と別れた先にあった幸福

熟年離婚から再婚に至った63歳「母」の現在とは?(イラスト:堀江篤史)

35歳以上で結婚した「晩婚さん」を月2件ペースで訪ね歩いている本連載。始まったのは2014年の夏なので、すでに5年以上も続けていることになる。夫婦で登場してくれた人たちを含めると160人以上の晩婚さんと語り合ってきた。

「私の結婚ストーリーなんて平凡で……」と謙遜する人もいるが、必ず味わい深いドラマがあり、興味が尽きることはない。

多種多様な晩婚ケースを収集してきた自負はある。しかし、親子ともに晩婚で、娘の後に母親が結婚したという事例は初めて遭遇した。母親のほうは再婚である。

長年の不満と疲労が原因で熟年離婚に至った

今回登場してもらうのは、昨年末の掲載記事に登場してくれた上村由里さん(仮名、38歳)のお母さんだ。

この連載の一覧はこちら

由里さんが社内の組合を通じて「組合婚」を果たしたのが2018年の初め。その後、母親の野﨑澄江さん(仮名、63歳)が結婚相談所に入会し、3カ月後に現在の夫である学さん(仮名、68歳)と出会って結婚を決めた。現在、母娘2組の新婚カップルで旅行を楽しんだりしている。

東京駅の八重洲口方面にある喫茶店で待っていると、由里さんに付き添われて澄江さんが来てくれた。笑顔が自然かつ魅力的で、ボブカットもはつらつとした印象を受ける。こちらに気遣いをしてくれつつも、自分の意見をはっきりとたくさん言う女性である。長女の由里さんと外見も性格も似ているようだ。

澄江さんは23歳のときに前夫の正晴さん(仮名、65歳)と結ばれ、翌年に由里さんを産み、30年以上も結婚生活を続けた。由里さんの下には長男と次女もいる。いわゆる熟年離婚に至ったのは、長年の不満と疲労が原因らしい。

「前の主人(正晴さん)は自分勝手な人で、由里が生まれるタイミングで会社を辞めて独立し、飲食関連の仕事を始めました。私は子育てをしながら働くのが当然だと思われていて、従業員さんたちの食事のお世話もしながら徹夜をした時期もあります。

3人の子どもを産む前はつねに貧血でした。でも、注文の電話が毎日100本以上も鳴るので取らなければなりません。妊娠しているのに休む暇がないんです。体力的な限界を超えていましたが、負けず嫌いなので働き続けてしまいました」

次ページいわゆるモラハラ夫だった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。