「彼だから結婚したい」そう言わせる男性の中身

出会った翌月に婚約した2人の"確信“

40代の2人が電撃婚をした”必然"とは……?(イラスト:堀江篤史)

20代の頃から結婚願望が強く、積極性も同棲経験もあるが「良縁」には20年以上恵まれなかった男性がいる。昨夏に念願の結婚を果たしたエンジニアの藤田治夫さん(仮名、48歳)だ。

取材依頼をすると二つ返事でOKしてくれ、妻の三貴さん(仮名、41歳)も同伴してくれるという。しかも、ワイン会で知り合った2人の初デートの場所を指定。東京・恵比寿にある「ワインバーM」だ。

「ワイン愛好家には有名で、テイスティングにも利用させてもらう店なんです」

「治夫さんに初めて連れて来てもらって、すごく楽しかったです。グラスワインがたくさんあって料理も美味しい。完璧!と思いました」

初デートの感動を思い出しながら体を寄せ合う2人。出会ったのは昨年5月のワイン会で、翌月には婚約したらしい。大人の決断力に富んだ晩婚さんにはスピード婚が多いが、それにしても速い。この店の名物だというカンガルーヒレ肉のグリルに赤ワインを合わせながら、それぞれの生い立ちと結婚観について聞いていこう。

安心できるパートナーを求める気持ちが強かった

九州出身の治夫さんはつらい幼少期を過ごした。3歳のときに父親が他界し、母親には育児放棄をされ、母方の祖母に育てられたという。その祖母にもあまり余裕はなかった。

この連載の一覧はこちら

「18歳までは何とかするのでそれから先は勝手に生きてくれ、と言われました」

高校卒業後は好きな機械関係の仕事に就いた。月250時間以上のペースで働き続け、残業代を含めると年収は1000万を超えるようになった。転職を重ねるたびにキャリアをアップし、通信制の大学に通って大卒の資格も得た。そして、家族愛に恵まれなかった分だけ安心できるパートナーを求める気持ちが強かった。

「グレてもおかしくない環境だったのに、治夫さんは偉いね」

隣の三貴さんが感想を述べる。褒められた治夫さんは少し嬉しそうだ。

「いや、ここでグレたら終わりだと思って頑張ったよ」

次ページ20代の頃から結婚相談所の利用を試みた治夫さん
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。