高配当利回り株に投資する人がはまる落とし穴

本当に「おいしい」と言えるのだろうか?

また、配当はそこそこに安定しているので、配当金を年金に加える生活費の足しにすると、わかりやすいし、気分がいいと思うかもしれないが、「その考えはやめておくほうがいい」と強く申し上げたい。

投資の収益は、あくまでもインカムゲインとキャピタルゲイン(ロス)の最終的な手取りのトータルで考えるべきであり、両者を区別して考えようとすることは判断を誤る元だ。せっかく多分配型投信のばかばかしさに気づいたのであればなおのこと、インカムゲインに対する特別視を卒業すべきだろう。

投資の初心者が「卒業」すべき傾向として、「ドルコスト脳」(平均買い単価にこだわる考え方)、「インカム脳」(インカムゲインをキャピタルゲインと分けて考えようとする傾向)の2つを挙げておきたい。

先入観を捨てるのは大変かもしれないし、金融マンやFP(ファイナンシャルプランナー)などでこうした考え方を勧める困った人が少なくない。だが、東洋経済オンラインの読者には、生きているうちに脳ミソを使って、正しい考え方にたどり着いてほしい。

問題は「分散投資」だ

例えば、先ほど挙げた5つの銘柄におおよそ等金額で投資するとすれば、どうか。これらの会社は、いずれも「現時点で強い事業を持っている会社」だが、所詮会社の盛衰は不確実なものだし、何よりも株式市場の評価は気まぐれだ。

入門的な株式運用として、5銘柄くらいから始めてみようといったアプローチには反対しないが、老後の生活の備えなどのために本格的に資産運用をしようとする場合、5銘柄では分散投資が不足だと筆者は考える。1銘柄で2割は投資ウェイトが大きすぎる。

業種などの分散も考えたうえで、十数銘柄規模以上で分散投資したポートフォリオで運用できるのでなければ、個人投資家が資産形成のために高配当銘柄で運用するという方針には賛成できない。しかし、十数銘柄単位のポートフォリオのバランスを取って、リスクを把握するには個人投資家の場合、分析ツールが不足しているし、かなりの投資知識(単なる「経験」でなく「知識」!)が必要だ。

投資を行いつつ、しかし、資産から定期的な現金収入が欲しいという方には、手数料の低いインデックス・ファンドに投資しつつ、ネット証券などが最近導入している「定期売却サービス」(例えば、毎月一定額を自動売却できる)を利用することをお勧めする。

読者ご自身で調べてみていただきたい。「定期売却サービス」は、うまく活用すると毎月分配型ファンド的な悪徳商品を使わずに定期的な現金を資産から得られるよい仕組みなので、心あるFPや金融マンは顧客に使い方をアドバイスするといいだろう(本編はここで終了です。次ページは競馬好きの筆者が週末のレースを予想するコーナーです。あらかじめご了承ください)。

次ページここからは競馬コーナー。シンザン記念の勝ち馬は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT