月3万円投資で「3000万円」作れる投信がある

883本運用する投資家に「ベスト投信」を聞く

もし「毎月3万円」の積み立て投信で「3000万円」が貯まったら? 実は決して無理ではない。883本もの投信を運用するプロが実証する(写真:Yo/PIXTA)
大手投資運用会社であるGCIアセット・マネジメント執行役員の太田創氏は、実は個人で投資信託を883本保有する「投資信託研究家」だ。なぜ膨大な本数の投資信託を保有し続けているのか? その理由、運用成績、そして、どのタイプの投資信託を持つのがいいのかなど、経験に基づいた話を伺った。
同氏は『毎月3万円で3000万円の「プライベート年金」をつくる 米国つみたて投資』という著書で、アメリカ株式、とくにS&P500指数やニューヨーク・ダウに連動する投資信託で積み立て投資することを提唱する。

本当はキリのいいところで1000本の投資信託に運用資金を分散してみようと思ったのですが、実際にやってみると、1000本の投資信託を買うのは大変なことでした。大変といっても運用資金の問題ではありません。

今、インターネット証券会社では100円から投資信託を買えますから、1000本買ったとしても合計金額は10万円で済みます。大変なのは、1000本を買うためにクリックし続ける「体力と根性」のことなのです。

一度に1000本の買い注文を出すのは不可能だったため、数日に分けて買い続けました。途中でどこまで買ったのか、頭が朦朧(もうろう)としてわからなくなり、重複して買ってしまうこともありました。こうしてどうにか、現在883本の投資信託を保有しています。すでに2年ほど、今のポートフォリオで運用し続けています。

ランダムに買って「年平均リターン2%」を実現

883本のパフォーマンスですが、この間、最も値上がりしたのはSBIアセットマネジメントが設定・運用している「SBI日本小型成長株選抜ファンド」で、2017年6月13日に購入し、33.35%の値上がりでした(2019年4月22日現在)。

逆に最も値下がりしたのは、キャピタルアセットマネジメントが設定・運用する「CAM世界金融機関ハイブリッド・ファンド」で、これも2017年6月17日に購入したものですが、基準価額1万円が4月22日現在で、3342円まで値下がりし、「めでたく」期限前償還が決定しました。

次ページ適当に買ったら「グローバル型ファンド」になった
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT