「スター・ウォーズ」日本人CG担当者の異色経歴

45歳で証券会社勤務からハリウッドの世界に

もともとの大まかなデザインを手がけるのは「コンセプトアーティスト」、いわゆるアートディレクターですが、彼らは「こんな形にしたい」というデザイン案を1枚の絵にして示します。ただ、2次元の絵ですから、立体的に考えたとき、部品の厚みや曲面の形といった細部は描かれていないことが多い。その2次元の絵を見て、そうした細かいところのデザインを自分で考えてはめ込んでいくのが、モデラーの仕事です。

ただ、モデラーがやる作業は色をつける前まで。だから僕たちが作るものはグレーの状態です。グレーの形を作るのがわれわれの仕事で、その後に色を塗ったり、汚しを入れたりするのは、「テクスチャアーティスト」という専門の方がいます。いってみればモデラーというのは、CGの工程の中でも最初の工程の仕事になるのです。

分業体制が確立

――効率よく作業を進めるための分業体制が確立しているということでしょうか。1つの作品でモデラーに携わっているのは何人くらいいるのでしょうか。

ILMのスタジオは、サンフランシスコとロンドン、バンクーバー、シンガポールにあり、各スタジオに作業を割り振っています。その中でも作業の中心となる、ハブスタジオがあり、主要なモデルはそのスタジオでつくっている。『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のときは、サンフランシスコのスタジオがハブスタジオになっていました。モデラーはそこに4~5人いて、僕はそのグループのリーダーを任されていました。

コンセプトアーティストの絵を基に、宇宙船などを立体化していくのがモデラーの仕事 ©2019 ILM and Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

『ハン・ソロ』の場合は、主にミレニアム・ファルコンのような大きな乗り物を作っていました。別のスタジオではちょっと小さめのモデルを作るとか役割分担があります。例えばスピードバイクが5~6台出てくるのですが、「バンクーバーではそのうちの〇台」といった感じで分担していきました。

ただ僕はサンフランシスコのリードなんで、ほかのスタジオに助言などはしますが、全体の人数までは把握はしていません。

――ところで成田さんは、日興証券から、映画のモデラーに転身したそうですが、その経歴がユニークですね。

僕はいわゆる証券マンではなくて、証券会社のITエンジニアとして働いていました。ただニューヨークにいた最後の3年だけはニューヨーク駐在事務所の所長ということで証券業務もやっています。主に管理業務だったんですけどね。

次ページ非常にラッキーだった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。