意外と気づかないSNSで心底「嫌がられる」行為

プロフィールにペットの写真もNG

友人やフォロワーを嫌がらせるSNSの行為とは(写真:KY/PIXTA)

コミュニティーなど自分が何かを始めたいと考えたとき、SNSは同じ志を持つ仲間を集めるうえで、強力のツールになる。が、使い方を間違えると、つながりを強めるどころか、弱める結果を招いてしまうと、『ONLYNESS 組織も肩書もいらない人生をつくる』 の著者で、スタンフォード大学などで教鞭を執る経営思想家であるニロファー・マーチャント氏は主張する。SNSで嫌われがちな行為を同書から紹介する。

アイコンが「グレーの人影のまま」の人

・プロフィールのアイコンを変えない

あなたのオンラインのプロフィールはどんな感じだろう? これだけは守ってほしい――アイコンをグレーの人影のままにしておかず、「自分の画像」に変えること。ツイッターのアバターを卵のアイコンのままにしておいたり、リンクトインのプロフィール写真が人影のままだったり、フェイスブックのプロフィール写真に仮想空間のキャラクター画像を使っていたりしていると、身を隠していることになる。

愛犬や愛猫の写真をプロフィール写真に使うのも同じこと。信頼関係は生身の人間の顔を見るからこそ生じる。人間の脳にはそうした反応が埋め込まれているからだ。

・なんでもかんでも好きと言う

なんでも好きになり、なんにでも関心を見せる人は、自分でも気づかないうちに「私はほかにすることがないヒマ人で、程度の低いゴマすりタイプです」という印象を与えている。しっかりとした意見などないことが露呈するのだ。

なんでも好きということは、鈍感な人間であることと同じだ。その反対に、心から愛するものがなにかを示せば、ほかの人にもあなたがどういう人間かが伝わる。そうすればあなたのオンリーネスが輝き、あなたの大切にしているものが結びつくだろう。

・結局、すべて自分の話にもっていく

自分を売り込むのは悪いことじゃない――月に1度、せいぜい週に1度程度までなら。でも、自分を売り込んだ後は、ほかの人のアイデアを広め、みんなの協力に恩返ししよう。毎日、自分の宣伝ばかりしていると、知り合いのツイッターのフィードはあなたのことで埋め尽くされてしまう。

次ページこれをやられたら本当に面倒くさい
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT