ソニーがエンタメで描く「2020年の事業プラン」

吉田CEOが掲げた「人に近付く」コンセプト

かつてのエンターテインメントメディアは、映像にしろ音楽にしろ、あるいは写真にしろ、なんらかの感動体験を「プリザーブ(保存)」しておき、それをいつでも、好きな場所で繰り返し再生することに価値を見いだしてきた。

しかし、本質的には「その場、そのときに楽しみたいというのが本音です。世界で一番最初に、大好きなアーティストのPVを観たいとか、初日のライブに参加したい、あるいは通しで全ライブに行きたいなど。そうした熱量に対しての答えを、エンターテインメントを表現するクリエーター側にも、またファンの側にも提供する企業でありたい。われわれはそれを、“クリエイティブエンタテインメントカンパニー“というキーワードで呼んでいます」

バーチャルセットは3Dの映像空間を、360度オーディオは3Dで作られた音場を、SSVRは3Dでデザインされた音響空間を、それぞれにデジタルメディアとして捉え、集約して表現するキャンバスとし、最終的に3Dへとレンダリング(再現処理)する。

「一方で消費者との接点は一様ではありません。アイボの“愛らしい動き”にしても、カメラなどセンサーを通じた飼い主とのリアルタイムのコミュニケーションと動きの組み合わせです。それらが映画だったり、音楽だったり、あるいはゲームだったり、将来のVR/AR技術だったり。その間をつなぐリアルタイムの信号処理で勝負します」(勝本氏)

吉田CEOが掲げた「人に近付く」というコンセプトは、“人間の感性”に近付くためにクリエーターとそれを楽しむ消費者の間を取り持ち、圧倒的な体験をもたらすことのようだ。

「“人に近付く”手法に決まったやり方はありません。これからも新しい技術が登場するでしょうし、まだお見せできない投資している技術もあります。AI、ブロックチェーン、イメージング。5G時代にその特徴を生かすチャンスはたくさんあると思います」(勝本氏)

「Xperia One」がカギとなる

もっとも、研究開発の方向や目指すべきビジョンとしては理解できるものの、実際のソニー製品にはどう顕在化してくるのか。

「今後、さまざまなコンテンツサービスやB2Bでの価値創出などに取り組んでいきますが、最も身近なところでは、その時々のXperia Oneに新しい技術、エンターテインメントを流し込んでいこうとしています。現在はLTEですが、5Gになったときに何ができるようになるのか。また映像、音響ともにVR技術を盛り込んでいくと、どんなエンターテインメントが作れるのか。

またユーザー自身が、クリエーターとしてメディアに接することも重視しています。映画用カメラのCineAltaの世界を体験し、実際に映像を作り出せるシネマ撮影専用機能「Cinema Pro(シネマプロ)」も提供し、そこからグレーディング処理(撮影画像を作品として仕上げていく工程)されたカラーを選択して撮影することもできます。一方で医療や農業といった分野に、そうしたエンターテインメントで培った映像処理技術が生かされていたりします。特定事業向け市場は、最初は小さいですが、課題について深く理解して取り組めば、安定した事業へと成長しやすい」(勝本氏)

当面は医療向け事業で黒字を上げ始めているように、業務用ソリューションで安定した収益が得られるジャンルを増やしながら、5Gでは「映像も音も3Dで作られた仮想空間へとリアルタイムに」つながっていくための“仕込み”を粛々と行っていく。

1月6日になれば、米ラスベガスで世界最大のコンシューマー向けテクノロジーの展示会「CES 2020」が開催される。収益面では安定したソニーが、これからどこを目指すのか。すでに進む方向は定まっているようだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。