立教はなぜ、東大・早稲田・慶應に勝てたのか?

立教大学総長 吉岡知哉氏に聞く、教育と就活

吉岡:なるほど。確かに、やらなければならないことの中から、本当に自分に向いていることが見つかることもありますよね。そういう意味で言うと、「自己分析」というのも問題だと思います。自分を発見することにもつながりますが、往々にして「私はこういう人間だ」「僕はこれがやりたいんだ」と、自分を限定する作業になっているのではないでしょうか。

:おっしゃるとおりで、働いたことのない学生が考えるのだから、視野が狭くなっていくのも無理はないです。

吉岡:学問も、最初は大変だけれど、続けると面白くなる。仕事もたぶん同じで、最初は興味がなくても、続けることで面白くなり、自分に向いているということがわかるのではないでしょうか。

人事部の人は、本来はそのような「目利き」の能力を持っているべきでしょう? それを、学生の「やりたいこと」だけに着目するのだとしたら、貴重な「原石」を見逃してしまい、結果的に大損失ではないかと思ってしまいます。

:手厳しいですが、おっしゃるとおりだと思います。そのためにも、学生の「やりたくないこと」の代表である学問への取り組みを見るツールとして、成績表がもっと一般化してくれるといいのですが。

立教大学の図書館。平日昼間にもかかわらず、多くの学生が自習していた。

吉岡:そうですね。ただ、最後に言わせていただきますが、本学の学生はよく勉強していますよ。図書館の利用人数も非常に多いし、みんなまじめに勉強しています。「世界でいちばん勉強しない」大学生と言われますが、環境と機会を整え、刺激的な授業をすれば、学生は勉強するのです。事実、若い人が内向きになっていると言われていますが、本学ではこの10年間で留学する人が5倍に増えたりしていますから。

:日本中の大学がそうなれば、私の活動は必要ないのかもしれませんね……。本日は、ありがとうございました。

吉岡:ありがとうございました。

(写真:梅谷 秀司)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT