立教はなぜ、東大・早稲田・慶應に勝てたのか? 立教大学総長 吉岡知哉氏に聞く、教育と就活

✎ 1〜 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 10
拡大
縮小

吉岡:なるほど。確かに、やらなければならないことの中から、本当に自分に向いていることが見つかることもありますよね。そういう意味で言うと、「自己分析」というのも問題だと思います。自分を発見することにもつながりますが、往々にして「私はこういう人間だ」「僕はこれがやりたいんだ」と、自分を限定する作業になっているのではないでしょうか。

:おっしゃるとおりで、働いたことのない学生が考えるのだから、視野が狭くなっていくのも無理はないです。

吉岡:学問も、最初は大変だけれど、続けると面白くなる。仕事もたぶん同じで、最初は興味がなくても、続けることで面白くなり、自分に向いているということがわかるのではないでしょうか。

人事部の人は、本来はそのような「目利き」の能力を持っているべきでしょう? それを、学生の「やりたいこと」だけに着目するのだとしたら、貴重な「原石」を見逃してしまい、結果的に大損失ではないかと思ってしまいます。

:手厳しいですが、おっしゃるとおりだと思います。そのためにも、学生の「やりたくないこと」の代表である学問への取り組みを見るツールとして、成績表がもっと一般化してくれるといいのですが。

立教大学の図書館。平日昼間にもかかわらず、多くの学生が自習していた。

吉岡:そうですね。ただ、最後に言わせていただきますが、本学の学生はよく勉強していますよ。図書館の利用人数も非常に多いし、みんなまじめに勉強しています。「世界でいちばん勉強しない」大学生と言われますが、環境と機会を整え、刺激的な授業をすれば、学生は勉強するのです。事実、若い人が内向きになっていると言われていますが、本学ではこの10年間で留学する人が5倍に増えたりしていますから。

:日本中の大学がそうなれば、私の活動は必要ないのかもしれませんね……。本日は、ありがとうございました。

吉岡:ありがとうございました。

(写真:梅谷 秀司)

辻 太一朗 大学成績センター代表

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

つじ たいちろう / Taichiro Tsuji

1959年生まれ。京都大学工学部卒業。リクルートで全国採用責任者として活躍後、1999年アイジャスト創業。2006年リンクアンドモチベーションと資本統合、同社取締役に就任。2011年、NPO法人「大学教育と就職活動のねじれを直し、大学生の就業力を向上させる会(略称DSS)」設立。2014年、大学成績センター設立。著書に『なぜ日本の大学生は、世界でいちばん勉強しないのか?』(東洋経済新報社)などがある。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT