プレゼンで企画が通る人と通らない人の圧倒差

経営陣に「YES」と言わせるプレゼン資料3要素

私が新規事業の提案資料を作るときは、「起承転結」ストーリーがセオリーです。起承転結の「起」で問題を提起し、「承」で解決方法を提案し、「転」で結果、「結」で夢・目標を見せるという流れにしています。

「転」なのに結果?と思った人もいるかもしれませんが、「結」は、結果のさらに先にある未来について述べるパートにしているためです。

「起承転結」のそれぞれには4つの要素があり、4×4の合計16要素で全体のストーリーが構成されています。これが相手を説得する勝ちパターンになります。では、「起承転結」を順番にそれぞれ見てみましょう。

「起」では危機感を与える

「起」は「問題提起」です。一言で言うと、「なぜこの企画を提案するのか」という理由づけになります。「起」でのゴールは、聞き手に「すぐにでもこのマーケットに参入すべきだ」「このままではまずい!」といった危機感を与えることです。「起」は、以下の4つの内容で構成します。

1.市場調査……市場の現状はどうなっているのか? 市場の規模、成長性。課題などを説明する。
2.顧客動向……顧客の現状はどうなっているのか? 顧客の性質、特徴などを説明する。
3.他社状況……この市場で他社はどのような動きをして、どのような状況なのかを説明する。
4.課題……市場が抱える課題や、それに対する自社の現状分析、課題などを説明する。
次ページ「承」では希望を抱かせる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。