プレゼンで企画が通る人と通らない人の圧倒差

経営陣に「YES」と言わせるプレゼン資料3要素

プレゼン企画を通すための説得力のある資料づくりとは?(写真:8x10/PIXTA)
プレゼンで企画が通らないと、「どうして通してくれないんだ」「あの上司は何もわかっていない」と聞き手側の問題にしてしまうことはありませんか? しかし、相手のことを責めても状況を変えることはできません。『予算獲得率100%の企画のプロが教える必ず通る資料作成』の著者であり、これまでソフトバンクをはじめ、CCC、PERSOLなどの大手で68の新規事業を提案し、立ち上げてきた大野泰敬氏は、相手に「YES」と言わせる資料づくりには、勝ちパターンがあるといいます。

「YES」と言わせるプレゼン資料

どんなにいいアイデアを持っていても、アイデアがいいだけではなかなか企画は通りません。とくに新規事業ともなると、相応な投資が必要になるため、簡単には首を縦に振ってはくれません。

私が審査員を務めた事業アイデアコンテストでは、1000を超える企画が集まったのですが、そのうちの84%は事業計画が含まれず、KPIも設定されていませんでした。つまり、そもそもビジネスとして検討する材料がそろっていないのです。こういった材料をそろえるだけでも、企画が通る可能性は飛躍的に高まるでしょう。私は次の3つを意識して、材料を集め、説得力を上げています。

1.ストーリー性を持たせる
2.データ(数字的根拠)を積み上げる
3.シンプルでわかりやすいクリエイティブで伝える

この3つのうち、どれか1つでもかけてしまうと、企画は通りにくくなります。

例えば、ストーリーがすばらしくてもデータなどの数字的根拠がなければ、ただの夢物語で終わってしまいます。数字的根拠があってもストーリーが見えなければ、この企画を「やってみよう、やってみたい」と思わせるのは難しいでしょう。そして、ストーリーと数字的根拠、どちらもあるのに、それがうまく伝わらなければ納得してもらえません。

ここでは、ストーリー性を持たせるということについてお伝えします。

次ページ勝ちパターンは「起承転結」ストーリー
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT