「しつこい頭痛」エビデンスで見る正しい対処法

9割の人の症状は実は3つにわけられる

頭痛に悩む人に、知ってほしいことがあります(写真:HM/PIXTA)

頭痛は、医師として最も直面することの多い患者さんの症状の1つです。皆さんも多かれ少なかれ頭痛を経験したことがあるのではないでしょうか?

でも、「病院に行くタイミングがわからない」「どう相談していいかわからない」といった声も聞こえてきます。

そこで今回は、それらについて考えてみたいと思います。どのような検査を受ければよいのか、頭痛の原因をどのように医師が考え特定しているのか、についても解説します。

頭痛は大体3つに分けられる

頭痛というのはさまざま々な原因で起こる症状なのですが、実は、慢性的な頭痛患者さんの約9割は、次の3つの診断のいずれかに当てはまります

片頭痛
緊張性頭痛
群発頭痛

このうち、緊張性頭痛が最も多いことが知られています。一方、病院を受診する方の中では、圧倒的に多いのは、片頭痛です。

これは、緊張性頭痛の方のほとんどは、症状が比較的軽く、病院にかかるほどではないと判断するからだといわれています。

つまり、あなたが頭痛で病院にかかったことがなければ、可能性が最も高いのは緊張性頭痛で、すでに病院にかかったことがあれば、片頭痛の可能性が最も高いと言い換えられるかもしれません。

次ページ3つの頭痛の特徴について
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。