「しつこい頭痛」エビデンスで見る正しい対処法

9割の人の症状は実は3つにわけられる

頭痛に悩む人に、知ってほしいことがあります(写真:HM/PIXTA)

頭痛は、医師として最も直面することの多い患者さんの症状の1つです。皆さんも多かれ少なかれ頭痛を経験したことがあるのではないでしょうか?

でも、「病院に行くタイミングがわからない」「どう相談していいかわからない」といった声も聞こえてきます。

そこで今回は、それらについて考えてみたいと思います。どのような検査を受ければよいのか、頭痛の原因をどのように医師が考え特定しているのか、についても解説します。

頭痛は大体3つに分けられる

頭痛というのはさまざま々な原因で起こる症状なのですが、実は、慢性的な頭痛患者さんの約9割は、次の3つの診断のいずれかに当てはまります

片頭痛
緊張性頭痛
群発頭痛

このうち、緊張性頭痛が最も多いことが知られています。一方、病院を受診する方の中では、圧倒的に多いのは、片頭痛です。

これは、緊張性頭痛の方のほとんどは、症状が比較的軽く、病院にかかるほどではないと判断するからだといわれています。

つまり、あなたが頭痛で病院にかかったことがなければ、可能性が最も高いのは緊張性頭痛で、すでに病院にかかったことがあれば、片頭痛の可能性が最も高いと言い換えられるかもしれません。

次ページ3つの頭痛の特徴について
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。