75歳の落語家・古今亭寿輔が紡ぐ「寄席」の躍動

一期一会のライブ感を展開する野心満々の男

奇抜な高座着で意表を突く古今亭寿輔(編集部撮影)

落語家というのは「職業」であるとともに「生き方」でもあるとしみじみ思う。

刻苦勉励を旨とし、日々精進に励んでいる落語家もいれば、肩の力を抜いて飄々と生きている落語家もいる。それもまた見事な芸人のありようと言えよう。

坊っちゃんのためだけに落語をやりますからね!

今回紹介する古今亭寿輔との出会いは、強烈なものだった。

池袋演芸場の平日の夜席、六分ほどの入りで、まったりした空気の客席。

「シャボン玉飛んだ」の出囃子に乗って、ちょび髭を生やし、レモンイエローの布地に銀箔を散りばめたド派手な着物で高座に上がった寿輔は、少し客席をいじったあとで「今日のお客様は反応があまりよろしくないなあ、あ、そこの坊っちゃん、笑ってくれた! じゃ、おじさん今日は、坊っちゃんのためだけに落語をやりますからね」と上手の客席の2列目あたりにいた小学生のほうを向いて、落語を始めたのだ。

客席は一瞬戸惑ったのちに、爆笑である。

飄々とした語り口で客席をいじるのが古今亭寿輔の持ち味だ(編集部撮影)

演目は「猫と金魚」。「のらくろ」で知られる漫画家、田河水泡の作。「舌で描く漫画」とも言うべき笑いの多い噺だ。

軽やかな口調の寿輔は、この噺にぴったりだが、演じながらも「坊っちゃん、聞いてますか?」と時折くすぐりを入れる。小学生は困ったような表情になるが、客席は沸く。

寿輔はそのまま演じきって、大喝采の中降りていった。

紋付羽織で高座に鎮座ましまして、古典落語を滔滔と口演するのも見事な落語家の姿だが、ここまですかして一座のお客を喜ばせるのもまた「芸」の姿だと言えよう。

次ページ新作派の一門に入門
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 本当は怖い住宅購入
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自前の物流網を一気に拡大<br>アマゾンジャパンの真意

アマゾンジャパンで物流部門を長年統括するジェフ・ハヤシダ氏へのインタビュー。個人事業主に直接配送を委託する「アマゾンフレックス」の構想は4年前からあり、現在は首都圏中心の6地域ですが、今後3年で全国に広げることが明かされました。