有料会員限定

JALグループ会社、初の「プロパー社長誕生」の暗闘 業界騒然の人事で「長年の天下り」構造に変化

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4
拡大
縮小

JALからの天下り社長を受け入れず、プロパー社長を立てたエージーピー。その周到な計画の全貌を明らかにする。

航空機への動力供給を柱の事業としているエージーピー(記者撮影)

特集「JAL 再拡大への「野望」」の他の記事を読む

JALが変革期を迎えている。社長には「初めて尽くし」の鳥取三津子氏が就任し、経営戦略は拡大方向へと大転換。華々しい戦略の裏でJAL内部に何が起きているのか。
※本記事は2024年4月11日6:00まで無料で全文をご覧いただけます。それ以降は有料会員限定となります。

「後任社長がプロパーとは、いったい何が起きているのか」

日本航空(JAL)のグループ会社であるエージーピーで業界関係者がそう驚く人事が2024年1月30日に発表された。4月1日付で同社の社長にプロパーの杉田武久氏が就任したのだ。1965年の設立以来、初めてのプロパー社長誕生となる。

エージーピーは羽田空港などで航空機への電力供給、手荷物運搬器具など空港内にある特殊設備の保守・整備などを行っている東証スタンダード上場企業だ。

大株主にはJAL(29.97%)を筆頭に、羽田空港を運営する日本空港ビルデング(JAT、23.72%)、ANAホールディングス(18.44%)が名を連ねている。

エージーピーがJALに仕掛けた周到な計画

同社では、これまでJALなど大株主出身の幹部が社長に就任するのが通例となっていた。直近ではJALの元常務執行役員だった大貫哲也氏が2021年から社長に就任していた。しかしこの3月末をもって、代表権のない取締役に退き、6月に開催される定時株主総会をもって取締役から退任する。

今回の人事において、大貫社長の退任自体は大きなサプライズではない。前任社長の日岡裕之氏(JAL出身)も3年の任期で退任をしており、大貫氏も同期間で社長から退く形にすぎない。

しかし、驚きだったのはJALからの天下り社長を受け入れず、プロパーの杉田社長を立てたことである。取材を進めると、エージーピーがJALに仕掛けた周到な計画が明らかになった。

次ページ取締役の大半は大株主出身者が占めてきた
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内