注目の米ISM製造業景気指数、10月は48.3

3カ月連続で50割れだが9月の47.8よりは改善

 1日、米供給管理協会(ISM)が公表した10月の製造業景気指数は48.3と、景気拡大・縮小の節目となる50を3カ月連続で下回った。写真はテキサス州で2月12日撮影(2019年 ロイター/Nick Oxford)

[ニューヨーク 1日 ロイター] - 米供給管理協会(ISM)が1日公表した10月の製造業景気指数は48.3と、景気拡大・縮小の節目となる50を3カ月連続で下回った。ただ、9月の47.8からは改善した。

ロイターがまとめた予想は48.9だった。

雇用指数は47.7で前月の46.3から改善したが、3カ月連続で削減傾向が続いている。

新規受注指数は前月の47.3から49.1に上昇。価格指数は45.5。前月は49.7、予想は49.9だった。

ISMは、前月からは改善したものの、センチメントは楽観的というより慎重さが続いていると指摘。世界の貿易が製造業にとって引き続き最も重要な問題だとし、食品・飲料、たばこなどが最も堅調である一方、輸送機器が最も弱いセクターとの見方を示した。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。