ケガ人続出「米国で一番危険な遊園地」の実態

18年間で6人死亡したアクション・パーク

かつて「行く人みんながケガをした」遊園地があった(写真:Andy Mulvihill via/The New York Times)

遊園地は観客にスリルを感じさせるように作られている。水しぶきや悲鳴や笑い声がはじける場所であり、物理法則はもちろん常識にも逆らった乗り物で遊べる場所でもある。

「そこら中に血を流している人がいた」

だがかつてニュージャージー州バーノンにあった「アクション・パーク」はそんな生易しいところではなかった。鼻血に打撲、歯や骨が折れるのも日常茶飯事。脳振とうどころか死に至ることさえあった。最盛期の1980〜90年代に遊びに行った人々は、引っかき傷という勲章とともにパークをあとにしたものだった。

「そこら中に血を流している人がいた」と語るのはスージー・マキューン(52)だ。30年以上前、高校の卒業式の後にアクション・パークに遊びに行った思い出がある。「パーク内を歩いている人はみんな、ひじやひざをすりむいていた」。

マキューン自身もすり傷をこしらえたうえに、高さ5メートル前後のところから冷たい池に突っ込んだときに前歯を1本折ってしまった。「スピードがすごく速いから、変な角度で顎が水にぶつかると、歯が折れてしまう」とマキューンは語った。

もちろん、アクション・パークでケガをしたのも思い出を作ったのもマキューンだけではない。『スポーツ・イラストレイティッド』誌は先ごろ、アクション・パークをテーマにした長い記事を掲載した。題して「アクション・パークの思い出――アメリカで最も危険で向こう見ずなウォーター・パーク」だ。

また、ニュージャージー州選出のコーリー・ブッカー上院議員は2014年に、ツイッターにこう投稿した。「私にも(アクション・パークをめぐっては)話したい思い出がある」。

そして現在、アクション・パークを題材にしたドキュメンタリー映画の制作も進んでいる。題して『クラス・アクション・パーク』。クラス・アクションとは集団訴訟の意味で、数多くあった同パークのあだ名の1つだ。

次ページ「おかしくてヘンテコで強烈で、なのに闇を感じさせる」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。