爪ようじをうっかり飲み込んだ男の壮絶な末路 医学誌は以前から危険性を指摘

拡大
縮小
つまようじを食事中気づかずに飲み込んでしまうトラブルは少なくないという(写真:Tharakorn/iStock)

ある若い男性が、自分で飲み込んだことすら気づいていなかったつまようじのせいで命を落としかけた──。医学誌『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』に1月30日、こんな報告が掲載された。

サンドイッチに刺さっていた約8センチの木製のようじが、彼の消化管のほぼ全経路を移動したが、何も害はもたらさなかった。だがその後、つまようじが腸壁を突き破って動脈に穴が開き、そこから細菌が血液中に侵入して動脈から激しく出血した。

当初は医者にも原因がわからず

腹痛、発熱、胃の重い不調が3週間近く続いたが、当初は医者にも原因がわからなかった。原因が判明したときには、命の危険がある感染症を発症しており、広範囲にわたる手術を行って彼は命を救われた。

これほどのまでの損傷は珍しいが、つまようじが引き起こすトラブルは以前から医学誌に報告されてきた。ミニハンバーガーやトルティーヤのラップサンド、クラブサンド、カクテルなど、つまようじは至るところで使われている。急いで食べたりして、飲み込んだことに気づかない人も多い。

飲み込まれたつまようじは、胃酸や消化酵素で分解されずに胃や小腸、大腸で発見された。肝臓や膵臓、肺、腎臓、冠動脈といった器官にまで達したケースもある。スキャン検査で発見するのは困難だ。

医学誌に報告されるほど深刻な症状にいたった136件を分析したところ、そのうちの10%近くが命に関わるものだった。

次ページ最初は発熱と右下腹部の痛み吐き気と下痢だったが…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT