爪ようじをうっかり飲み込んだ男の壮絶な末路

医学誌は以前から危険性を指摘

つまようじを食事中気づかずに飲み込んでしまうトラブルは少なくないという(写真:Tharakorn/iStock)

ある若い男性が、自分で飲み込んだことすら気づいていなかったつまようじのせいで命を落としかけた──。医学誌『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』に1月30日、こんな報告が掲載された。

サンドイッチに刺さっていた約8センチの木製のようじが、彼の消化管のほぼ全経路を移動したが、何も害はもたらさなかった。だがその後、つまようじが腸壁を突き破って動脈に穴が開き、そこから細菌が血液中に侵入して動脈から激しく出血した。

当初は医者にも原因がわからず

腹痛、発熱、胃の重い不調が3週間近く続いたが、当初は医者にも原因がわからなかった。原因が判明したときには、命の危険がある感染症を発症しており、広範囲にわたる手術を行って彼は命を救われた。

これほどのまでの損傷は珍しいが、つまようじが引き起こすトラブルは以前から医学誌に報告されてきた。ミニハンバーガーやトルティーヤのラップサンド、クラブサンド、カクテルなど、つまようじは至るところで使われている。急いで食べたりして、飲み込んだことに気づかない人も多い。

飲み込まれたつまようじは、胃酸や消化酵素で分解されずに胃や小腸、大腸で発見された。肝臓や膵臓、肺、腎臓、冠動脈といった器官にまで達したケースもある。スキャン検査で発見するのは困難だ。

医学誌に報告されるほど深刻な症状にいたった136件を分析したところ、そのうちの10%近くが命に関わるものだった。

次ページ最初は発熱と右下腹部の痛み吐き気と下痢だったが…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱炭素時代に生き残る会社<br> 独自調査で測る各社の「本気度」

地球温暖化の危機的状況を受け、「エネルギーシフト」の奔流が渦巻いている。日本企業も再生可能エネルギーの調達に本腰を入れ、「脱炭素経営」に舵を切り始めた。主要108社が回答した独自アンケートなどから、生き残りのカギを探る。