ゴルフ「ZOZO」初開催でタイガー優勝のすごみ

ZOZOチャンピオンシップは漫画のような展開

「とても賑やかだった。久々だし、日本のこの応援は待ち遠しかった」(ウッズ、練習日)

会見でも話した石川遼(筆者撮影)

「世界のトップが来るということはこういうことなんだと改めて思いました。世界のゴルフをネットワークでいつも見られるという状態で世界のトッププロを見たいというのは当然だと思います」(石川遼、第1ラウンド)

「今週のエネルギー、もういらないよというぐらいのギャラリー、メジャー並みだと思います」(2019全米オープン覇者ウッドランド、第1ラウンド)

「名前で呼んでくれるのがうれしかった。(いいスコアは)ギャラリーの力じゃないですかね。こんなにギャラリーが入ることはなかなかない」(松山英樹、第1ラウンド)

会見で話した松山英樹(筆者撮影)

「アンビリーバブル。タイガーがリードし、ヒデキが追いかけるという、初めての日本開催でこれ以上にない展開。かかわる全員がうれしく思う。素晴らしい大会になっている」(マキロイ、最終ラウンド日没サスペンデッド後)

優勝したウッズの公式会見は、室外機が水没して空調設備が壊れ、試合終了と同時に主照明が停電した薄暗いプレスセンターで、ひな壇だけがスポットライトを浴びた中で行われた。

5度目の左ひざ手術から9週間、術後初の実戦での優勝。「とても長い5日間(大会期間)でした」。こうして、さまざまなことが起こった大会は、世界7カ国目となる日本での優勝で、サム・スニードの持つ不滅の記録と言われた通算82勝目に並んで幕を閉じた。

高い観戦チケットでも「本物」を見たいファンたち

今回、日本ツアーでは見られなかったギャラリーの熱気を生んだのは、「世界のトップを見たい」という欲求だろう。

ゴルフ業界の縮小、ツアー人気の低迷が言われているが、ゴルフを見たい人はこんないたのか、と思えたほど、アメリカのPGAツアーという「本物」が日本にやってくれば、高額な入場料など関係ないことが証明された。ラグビーワールドカップ日本大会でも見られた現象だ。

日本ツアー、ゴルフ界はせっかく噴き出した熱気を先につなげなければならない。レベルアップはすぐには難しいかもしれないが、すぐにでも日本ツアーで実行できることも多い。

キッズ専用の観戦エリアも設けられた(筆者撮影)

まず、ファンサービス。中でも「キッズ向けの専用エリア」は、身長130センチ以下の子供を、大人とは別のエリアで観戦させる。騒がしいかと思いきや、仲良くおとなしくしており、1人が声を出すと一斉に声援を送る。

「写真撮影OKのエリア」も4カ所につくられた。いずれも2打地点が中心で、選手のプレーの妨げにならないエリアに設けられた。日本ゴルフツアー機構(JGTO)でも、今年の日本ツアー選手権17番で初めて「写真撮影OK」を実施したが、他のトーナメントに広げていけるようにしたい。

次ページファンサービスも一流な選手たち
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?