中国共産党「天皇工作」秘録 城山英巳著

中国共産党「天皇工作」秘録 城山英巳著

建国60周年を迎えた中華人民共和国の歴史において、国家指導者は一貫して対日関係を重視してきた。その時々の政権との距離には変化があったにしろ、日本との関係をどう構築するかは中国にとって大きな関心事だった。そして、彼らが対日工作の核心としてきたのが、日本国民に絶大な影響力を持つ「天皇」への接近にほかならない。

著者は通信社の特派員として5年あまり北京に駐在し、激変する日中関係をつぶさに観察してきた。本書では、日中戦争以来の毛沢東の対日観、天皇観にまでさかのぼって、中国の対日戦略の起源を追究している。当事者の肉声を交えたエピソードが豊富に盛り込まれており、日中関係史への理解が深まる。

文春新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。