「100円防災グッズ」意外と侮れないその"実力"

身近なところからがっちり備えたい

先述のとおり、今回売り切れ続出だったのが窓ガラスの飛散をふさぐために使うといいとされた養生テープだ。

本来は外からの視線を防ぐためのもの。はがす必要がない窓用に(筆者撮影)

多分100円ショップにも置いてあるだろうと思ったところ、やはり売ってはいた。しかしひと巻分の量が心もとない。

代替えになりそうなものはないかと探したら、これを発見した。窓に貼る目隠しシート(約90×45センチ)

もともとは家の中を見えにくくするために貼るもので、窓ガラスの保護機能は期待できないが、「ガラスが割れた時の飛散防止に何か貼っておきたい」と思うなら、ガムテープよりは見た目がいいとはいえる。ただし、きれいにはがせないので賃貸住宅には向かない。

そもそも防災グッズもちゃんと売っている

ここまでは、「防災時の役に立ちそうなもの」という視点で書いてきたが、むろん100円ショップにはそのものズバリの防災グッズも置いてある。

先ほどのガラス対策として「ガラス飛散防止シート」もあったし、約3リットルの水を給水できる「緊急用給水バッグ」も発見した。先に紹介した簡易ライトも「台風や地震、停電に備えて」と書いてある。さすが、何でもそろうぞ100円ショップ、である。ただし必ずしも防災コーナーとしてまとまっているわけではない。アウトドアグッズや住まい用品のコーナーを探すと見つけやすいだろう。

(左)「ガラス飛散防止シート」(右)約3リットルの水を給水できる「緊急用給水バッグ」(筆者撮影)

万が一、家が被災して、避難所で過ごさなくてはならなくなった時を想定すると、ほかにも買っておくとよさそうなものが出てくる。床に敷いて体への負担を和らげるためのアルミマットや折り畳み式のクッション、インフルエンザ予防用のマスク、トラベル用のアイマスクや耳栓、エアー枕もあったほうがいいだろう。

衛生的には先に書いたような除菌グッズも欠かせない。避難所での食事の偏りが気になるなら、100円ショップにはサプリメントも売っているので、ビタミン剤などを買っておくのもありだろうか。

大災害のような非常時は、突然やってくる。もはや誰にとってもひとごとではない。普段の買い物に利用している100円ショップも、そういう視点で眺めてみると防災に役立つアイテムの宝庫でもあるのだ。急いで非常持ち出し袋の中身をそろえなくてはいけない時の助けになる。

今回取り上げた中には店の規模や立地によって手に入らないものもあるだろうが、家や職場の近所にあるショップの品ぞろえを改めて確認しておくとよいだろう。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 本当は怖い住宅購入
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
MARCH大解剖 早慶を猛追!<br>進化する5大学の最前線

明治、青学、立教、中央、法政の5大学は「MARCH」と称され、志願者数も偏差値も右肩上がり。その中で実力で勝るのはどこでしょうか。大学ランキング、最前線の取り組み、親世代とは一変した新・学部序列、付属校など多角的に分析します。