「100円防災グッズ」意外と侮れないその"実力"

身近なところからがっちり備えたい

もし水道から水が出ないとなると、まず困るのは衛生面だろう。手が洗えない、入浴ができない、洗濯ができない。そういう事態をどうカバーできるだろうか。

応急措置としてまず備えたいのが、除菌成分入りのウエットティッシュ。100円ショップにはポケットサイズから大判サイズまで、かなりのバリエーションがそろっている。また、「手指消毒スプレー」も便利だ。

除菌だけでなく悪臭の消臭効果もあるスプレーも手に入る。除菌シート(ティッシュ)は売り場の目立つところにあるし、除菌スプレーは絆創膏などの売り場付近を探すと見つかる。

大人用の体ふき。大判タイプが便利だ(筆者撮影)

風呂に入れない時に役立ちそうなのが大人用の体ふき。巨大なウエットシートのようなもので、今回購入したもののサイズは22×18センチで40枚入り。本来は介護用に使われるものだが、4人家族が1日1回として10日間使える計算になる。

また洗濯ができない中、トラベル用品コーナーにある使い捨てのパンツもあると便利だろう。

介護用品が防災時には防災グッズに

ご時世なのか、このところ100円ショップで介護用品コーナーをよく見かけるようになった。先の体ふきシートや服の汚れを防ぐ使い捨てエプロン、消臭機能付きのシーツ(尿漏れ対策など)などもあり、こうしたものは防災時にも十分活用できそうだ。もちろん簡易トイレも入手でき、大概はアウトドア用品もしくはトラベルグッズ売り場などで売られている。

(左)あると何かと便利な「手指消毒スプレー」(右)トラベル用の下着もある(筆者撮影)
次ページ断水の際の気になる衛生面には…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。