電車賃を節約、切符の買い方「ケチケチ大作戦」

ちょっとの手間と時間でこれだけ安くなる

JRの運賃は切符の買い方次第で安くすることができる(撮影:尾形文繁)

特急料金、1駅ずらせば数百円も節約できる」に続き、「新幹線、少しでも安く乗るための『ケチケチ術』」でも大変多くの反響をいただき、ありがたい限りである。

これまで特急料金を節約する方法を取り上げてきたが、「乗車券だって安く買う方法があるじゃないか」との声も多くいただいた。もちろん忘れていたわけではない。今回はJR乗車券の買い方や乗車ルートの工夫によって、消費税分程度は安くできるであろう方法をご紹介する。

ちょっと先まで買うと安くなる

JRの乗車券には、片道601km以上の区間を往復で購入すると1割引になる往復割引という制度がある。あとちょっとで601kmという場合、区間を延長すると距離が伸びるにもかかわらず安くなる。

例えば東京―新神戸間は589.5kmで9290円、往復だと1万8580円。だが、神戸より先の西明石までにすると612.3kmで9610円、往復で1万9220円となる。これを1割引すると1万7298円で、端数を切り捨てて運賃は1万7290円。なんと、距離が22kmも伸びたのに1930円も安くなるではないか。

東京から秋田新幹線の角館まで行くケースでもこの方法が使える。東京―角館間は運賃計算キロが600kmジャスト。往復割引を使うにはもう1km足りない。そこで、乗車券だけを大曲(東京からの運賃計算キロ618.5km)まで伸ばすと、往復割引乗車券で1万7290円。角館までだと1万8580円なので1290円安くなる。

さらに「新幹線、少しでも安く乗るための『ケチケチ術』」記事で紹介したように、新幹線の乗車区間を東京ではなく大宮発着にすると特急券も片道540円安くなる。こうすると、モバイルSuica特急券並みかそれ以上のお得さ!ネットに不慣れな方でもこれなら安心だ。

次ページ「都区内」「山手線内」を回避して安くする
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。