電車賃を節約、切符の買い方「ケチケチ大作戦」

ちょっとの手間と時間でこれだけ安くなる

JRの運賃は切符の買い方次第で安くすることができる(撮影:尾形文繁)

特急料金、1駅ずらせば数百円も節約できる」に続き、「新幹線、少しでも安く乗るための『ケチケチ術』」でも大変多くの反響をいただき、ありがたい限りである。

これまで特急料金を節約する方法を取り上げてきたが、「乗車券だって安く買う方法があるじゃないか」との声も多くいただいた。もちろん忘れていたわけではない。今回はJR乗車券の買い方や乗車ルートの工夫によって、消費税分程度は安くできるであろう方法をご紹介する。

ちょっと先まで買うと安くなる

JRの乗車券には、片道601km以上の区間を往復で購入すると1割引になる往復割引という制度がある。あとちょっとで601kmという場合、区間を延長すると距離が伸びるにもかかわらず安くなる。

例えば東京―新神戸間は589.5kmで9290円、往復だと1万8580円。だが、神戸より先の西明石までにすると612.3kmで9610円、往復で1万9220円となる。これを1割引すると1万7298円で、端数を切り捨てて運賃は1万7290円。なんと、距離が22kmも伸びたのに1930円も安くなるではないか。

東京から秋田新幹線の角館まで行くケースでもこの方法が使える。東京―角館間は運賃計算キロが600kmジャスト。往復割引を使うにはもう1km足りない。そこで、乗車券だけを大曲(東京からの運賃計算キロ618.5km)まで伸ばすと、往復割引乗車券で1万7290円。角館までだと1万8580円なので1290円安くなる。

さらに「新幹線、少しでも安く乗るための『ケチケチ術』」記事で紹介したように、新幹線の乗車区間を東京ではなく大宮発着にすると特急券も片道540円安くなる。こうすると、モバイルSuica特急券並みかそれ以上のお得さ!ネットに不慣れな方でもこれなら安心だ。

次ページ「都区内」「山手線内」を回避して安くする
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。