凱旋門賞で惨敗の「日本馬」に必要なものは何か

今週末の天皇賞・秋は国内最強決定戦に

日本の馬場は欧州の馬場とはあまりにかけ離れている。生産段階から高速馬場に向いた血統で、育成段階でも国内の馬場への対応を最優先に調整していくのだから欧州の道悪で勝ち切ることが困難であることは間違いない。

それでもある程度の能力を持った馬とわかった段階で欧州の馬場を意識した馬づくりや調教を重ねていく必要があるのではないか。凱旋門賞制覇を日本競馬の悲願とするならば、それだけのことをしなければ欧州の馬場に対応できない。ただ、国内の競馬が優先であり、海外の競馬も凱旋門賞だけではない。馬場適性の差を埋めるのは一朝一夕ではできない。それも現実だ。

あとは、繰り返すが、やはり最強馬レベルの挑戦が前提だろう。筆者は凱旋門賞制覇が日本競馬の本当の悲願なのかといつも思う。スピードシンボリの凱旋門賞初挑戦から50年の節目を迎えた今年だからこそ、立ち止まってもう一度凱旋門賞というレースを考えるべきではないだろうか。

本気でこの壁を乗り越えるのか。それでも武豊騎手が「この結果は日本のホースマンとしてショックだが、トライして全力を尽くすのは最低限のこと。挑戦し続けなければ結果は出ない」と語ったことは強く印象に残る。「チームジャパン」とも言うべき挑戦が今こそ必要なのかもしれない。

天皇賞・秋は国内最強の座を懸けた戦いになる

アーモンドアイとサートゥルナーリア(牡3、栗東・角居)が国内に残っているため、10月27日に東京競馬場で行われるGⅠ第160回天皇賞・秋(2000m芝)で両馬の初対決が実現する。近年の日本の競馬でこれほど胸が躍る激突はなかった。

ロードカナロアの牡牝の代表産駒が国内最強の座を懸けて戦う。アーモンドアイはC・ルメール騎手、サートゥルナーリアには短期免許で騎乗するC・スミヨン騎手とのコンビで臨む。かつてフランスでライバルだった両騎手の対決も見ものだ。そして、この2頭が今後海外に舞台を求めるのか。さまざまな意味で天皇賞・秋は大注目のレースとなる。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。