韓国馬が地元G1で日本馬にボロ負けする理由

競馬の「日韓対決」は日本が韓国に「圧勝」

コリアカップでは、日本では6連敗中の日本馬ロンドンタウンが2着の韓国馬に15馬身差の圧勝。韓国の競馬ファンはこの衝撃の差をどう受け取ったのか(写真:有田徹)
日本の中央競馬は秋のG1競走真っただ中だ。いよいよ11月25日には今年38回目を迎えるジャパンカップが行われる。その後は暮れの有馬記念、ホープフルステークスまでビッグレースが続く。そんな中、お隣の韓国ではひと足先に国際競走「コリアカップ」「コリアスプリント」が開催され、日本馬が連勝。日韓の大きな力差が改めて浮き彫りとなった。山本智行氏が隣国の競馬の舞台裏を取材した。

日本で6連敗中の馬がソウルで15馬身差圧勝の衝撃

韓国人競馬ファンやKRA(韓国馬事会)は相当がっかりしたのではないか。少し前の話になるが「コリアカップ」として知られ今年第3回を迎えた「韓国国際競走」は9月9日、快晴のソウル競馬場で開催された。

「コリアスプリント」(韓国G1、ダート1200m)こそ、日本馬モーニン(牡6=栗東・石坂正厩舎)と香港馬による激しいたたき合いとなったが、メイン競走で最も盛り上がるはずの「コリアカップ」(韓国G1、ダート1800m)は想像を絶するワンサイドだった。連覇を狙った日本のロンドンタウン(牡5=栗東・牧田和弥厩舎)が、2着の韓国馬になんと15馬身の大差をつけ、圧勝してしまった。

これで日本馬は、上述の2レースにおいて過去3年(計6レース)でなんと5勝の荒稼ぎだ。特にロンドンタウンはソウルの水がよほど合うのだろう。日本では6連敗中だったものの、ここではまるで水を得た魚。欧米勢も一流馬は参戦しておらず、昨年のこのレース以来の勝ち星を楽々と挙げた。

しかも、1分50秒6の走破時計は自身が昨年マークしたレコードタイムを0.1秒塗り替えるもの。岩田康誠騎手は「ハナを切るつもりだったが、主張する馬がいたので2番手に。ペースが遅かったので迷わず行った。馬なりで無理はしていないのに、この時計。馬を褒めてやりたい」と向こう正面半ばからの超ロングスパートを振り返った。

直線はまさに独壇場だった。ソウル競馬場には世界最大級の長さ127メートルもある自慢の超大型ビジョン「127」が設置されているが、岩田騎手が後続の動向をチェックしようとしたところ、ロンドンタウン以外は何も映っていないという皮肉な結果になった。

次ページ問われる国際レースの意義、KRAでは「廃止論」も?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。