ジム・ロジャーズ「移民を恐れる残念な日本人」

「移民は日本人の雇用を奪う」は狭すぎる発想

京都・二条城の「香雲亭」で講演するジム・ロジャーズ氏。「移民を恐れれば、かえって日本は貧しくなる」と警告する(筆者撮影)

ファイナンシャルプランナーの花輪陽子です。世界3大投資家の1人であるジム・ロジャーズ氏が、最新刊『日本への警告 米中朝鮮半島の激変から人とお金の動きを見抜く』をモチーフにした講演を東京、京都、大阪で行いました。その講演の中から、印象的な日本人へのメッセージをお伝えしたいと思います。

国を閉ざせば貧しく、開けば豊かになる

ロジャーズ氏は、歴史的に見れば鎖国をした国は貧しくなり、開放した国は豊かになる、と言います。

国を閉ざして貧しくなった例として、かつてのビルマ(現ミャンマー)を挙げることができます。東南アジアでも有数の豊かな国であったビルマは、1962年に軍事クーデターで政権奪取した党に支配され、1980年代末まで鎖国的社会主義体制が敷かれました。その間、アメリカによる経済制裁やインフラ不足を背景に転落の一途をたどり、現在ではアジア最貧国の1つです。

逆に、国を開放して豊かになった例としてアメリカやシンガポールを挙げることができます。

「アメリカの場合、グーグル、アマゾン、アップル、フェイスブックに代表される刺激的な企業のほとんどは、移民にルーツを持つ人物が創業したものだ」

移民受け入れを進めると、「外国人に仕事を奪われる」と懸念する人もいますが、ロジャーズ氏は逆に、移民が雇用を生み出すと言います。

「もし今、アメリカからグーグルやアマゾンといった企業がいなくなれば、どれだけの雇用が失われるかを考えると、そのインパクトがわかるだろう。私が暮らすシンガポールも、世界各国の人材を受け入れた結果、今の地位がある。歴史を振り返っても、移民は子どもを積極的につくるため、少子化問題の解決にも貢献してくれるはずだ」

次ページ移民が増えると社会は不安定になる?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT