オフィス街の「エコ配」で人手不足解消なるか

1日2~4時間勤務で実質時給4000円も可能に

現在、エコ配フレックスの配送拠点となる事業所は中央区が5、渋谷区1にとどまるが、今後事業所を拡大していく。また、配送する荷物の数を増やすために、現在は京橋店と日本橋小舟町店のみだが、自転車配送のフレックス対応も進めている。自転車が使えれば、配送エリアを事業所から半径5km圏内へ拡大できる。

ただ、自転車配送は台車と違って事故の危険性があるため、事前研修を義務づけている。「(自転車配送の)安全講習は現在、6時間の座学と実習で終えている。(講習の)拘束時間が長くなってフレックスの手軽さがなくなっては(極力短時間で稼ぎたい人にとって)本末転倒だ」(エコ配広報)という。

エコ配フレックス拡大でコスト削減も

エコ配は自転車による宅配便が本業で、かつては楽天傘下にあったが黒字化できず、2015年9月にアスクルの子会社となった。エコ配の2018年10月期の純損失は6億9300万円で、繰越損失は10億7600万円にまで拡大している。

アスクルから毎朝、事業所に届けられる荷物を社員が仕分け。配送エリアも考えながら仕分けるので、1時間ほどかかるという。(記者撮影)

エコ配の仕事をフレックス・クルーに任せられれば、荷物数に応じて人件費が調整できるようになり、エコ配のコスト削減にも寄与する。

片地氏は「フレックスの比率をさらに上げたい。個数や配送先が決まっている荷物はフレックス・クルーに、突発的事態への対応やシフト管理などのバックヤード業務は社員に任せたい。目指すのは社員2人でフレックス・クルーを監督して事業所を運営する体制だ」と意気込む。

エコ配全体で配送を担う人員の比率は現在、正社員が9割でフレックス・クルーが1割。コスト削減の成果はまだ小さいが、「まだまだ改善の余地がある」(エコ配広報)という。

法人向けという限定した分野の事例だが、エコ配フレックスのクルーの働き方は人手不足解消の一助になるかもしれない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT