9500万円の賠償も!自転車事故の恐ろしい実態

自転車保険の加入を義務づける自治体が増加

ところが、国土交通省が2018年に行った調査によると、自転車損害賠償保険などの加入は、加入が義務づけられている都道府県でおよそ6割ですが、義務づけられていない都道府県では4割程度にとどまっています。

現在のところ、加入をしていないことによる罰則はないため、拘束力は弱いものの、自治体の加入義務化が有効だと考えられます。

自転車事故は減少傾向?

ところで、自転車による事故は増えているのでしょうか。交通事故総合分析センターの統計によると、自転車が第1当事者(最も責任が重い)となった事故の総件数は、2009年に2万4699件だったのに対し、2018年は1万5119件と減少傾向にあります。

事故の相手方別にみてみると、自転車の単独事故や自転車同士の事故は、減少傾向にあります。2015~2016年に最も少なくなっているのは、2015年に悪質な運転や事故に対して厳罰化されたことで、事故防止やマナー向上の意識が高まるなどの効果があったのかもしれません。

一方で、自転車対歩行者の事故をみると、やはり2015~2016年にやや低くなっているものの、2009年2857件だったのに対し2018年2728件と、この10年でほとんど改善していないことがわかります。自転車事故全体数が減少しているにもかかわらず、対歩行者の事故の件数が横ばいで推移していることから、自転車事故全体に占める対歩行者の事故の割合が年々上昇しているのです。

次ページ未成年者による自転車事故が多い
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT