斜陽の「銭湯」で大胆に集客する44歳の経営手腕

外の世界で別の仕事にも就き、家業に戻った

そんな頃に、原さんはスノーボードに出会った。

昭和の終わり頃は現在よりも、ずっとスキーを楽しむ人が多かった。1987年に公開された『私をスキーに連れてって』は大ヒットして、若者たちはこぞってスキーを滑りに行っていた。

原さんは、子供ながらスキーに憧れを思っていた。原さんが大人になった頃、バブル経済が終わり、スキー文化が下火になってきた。ただ、その代わりにスノーボードが入ってきた。

「スノーボードのビデオを見て完全に火がつきました。会社には『冬山に行きたいから、やめさせてくれ』って言って退社しました。それでその足で、板とスノーウェアだけ持って、東北に行きました」

今のようにインターネットで調べることはできないから、とにかく現地に行って住み込みができる場所を探した。

何とか、岩手のとあるペンションにたどり着いた。

スノーボードざんまいの岩手生活

「ペンションに住み込みで働かせてもらって、空いている時間はひたすらスノーボードをしていました。

岩手でもいっぱい仲間ができました。もちろん同い年のやつらもいたし、新しい文化を面白がってる大人もいたし、海外から来てる人もいました。すごい触発されました。東京では得られない刺激を受けましたね。1人で行ったのがよかったんだと思います」

冬はスノーボードざんまいで過ごし、シーズンが終わったらひたすら働いてお金を貯めた。

「冬以外は、トラックの運転手をしました。昔、シルベスター・スタローンの『オーバー・ザ・トップ』という腕相撲をテーマにした映画があったんですけど、主人公はトラック運転手で普段コンボイに乗ってるんですよ。それに憧れました。トラック運転手は、自由ではないけど、1人でなんでも決められてよかったですね。

昔からAMラジオが好きだったんで、ずっとかけっぱなしで。昔から文字を読むのが苦手で、ラジオがいちばんの情報源でした」

18歳からスノーボードを始め、24歳まで毎年滑りに行った。住み込みをしたのは最初の2年くらいで、それ以降はアパートを借りて生活をしつつスノーボードを滑った。

スノーボードの人気はだんだん上がり、ウィンタースポーツ商品を扱う店はずいぶん儲かっていたという。

「やっぱり今よりは景気よかったんでしょうね。みんな毎年のように板もウェアも買い替えてたし。ちょっと頑張って働いたら、当たり前に自動車買ってたし。贅沢してるって感覚はなかったですね」

1998年からスノーボードは冬季オリンピック競技に選ばれた。ただし原さんはあまりうれしいとは思わなかった。

次ページ一度スノーボードから離れてみようかな…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。