斜陽の「銭湯」で大胆に集客する44歳の経営手腕

外の世界で別の仕事にも就き、家業に戻った

「僕は、人気に陰りのあった冬季オリンピックが、はやっているスノーボードにすり寄ってきた、という印象を持ちました。それなのに、服装の着こなしがダメだ、態度が悪い、って選手をまるで犯罪者みたいに叩いたりするんですよね。そっちが寄ってきたくせに、って思いました。

ただスノーボード側も人気が落ちてくると、だんだんオリンピックにもたれかかるようになっていきました。この業界もつまんなくなったな……と思いました。

一度スノーボードから離れて、腰を据えて仕事をしてみようかなと思いました」

そこで大型免許を取り、トラックの運転手として全国を回った。何週間も家に帰れなかったり、満足に寝れなかったりした時もあったが、仕事は楽しかった。

「手を借りたい」、家業を手伝うことに

「その頃からうちの親が歳を取ってきたこともあって、『手を借りたい』って言われました。はじめはほかの仕事をしながら手伝いました。

銭湯のお客さんは、子供の頃に比べてずいぶん減っていました。でも一発逆転を考えるのではなく、当たり前のことをきちんとやろうと思いました。まずは徹底的に掃除をしました」

原さんが生まれる前、自宅風呂の普及率が低かった時代は、銭湯は殿様商売だった。家に風呂がないのだから、銭湯に行くしかない。

しかし原さんが物心がついた頃には、自宅風呂の割合はかなり上がっていた。

「本当はその段階で手を打たなきゃいけなかったんだと思います。家にお風呂があっても、月に1回、週に1回、来たくなる銭湯にしておかないといけなかったんですね。

お客さんが減っていくことを、ただただ嘆いていても仕方がないんです。もちろん助成金はとても大事ですが、それに頼ってしまうとよくない。助成金なんて、いつ打ち切られるかわかりません。基本的には自分たちの努力で稼いでいかないといけません」

30代後半から銭湯1本で働き始めた。

日曜日に、朝風呂を始めることにした。チラシをまいただけでお客さんは来てくれた。ただそれを持続すること、そしてさらに拡大していくことは想像以上に難しかった。

「アイデアはあったんですけど、時間や気力を確保することが難しく、なかなか実行できませんでした。数年間はなんとか営業しているだけという日々が続きました。

いっそこのまま銭湯はスパッとやめて、売ってしまおうかと考えていました。そのお金で両親にはゆっくり過ごしてもらって、自分はほかの仕事をしようかと思いました」

次ページ現在の妻となる女性に出会い…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。