ノーベル医学生理学賞、日本人連続受賞ならず

ケーリン氏など細胞研究の米英3氏に決定

 10月7日、スウェーデンのカロリンスカ研究所は、2019年のノーベル医学生理学賞に、酸素濃度変化への細胞の適応について研究した米英の科学者3人に授与すると発表した。写真はストックホルムで撮影(2019年 ロイター/Pontus Lundahl/TT News Agency)

[ストックホルム 7日 ロイター] - スウェーデンのカロリンスカ研究所は7日、2019年のノーベル医学生理学賞に、酸素濃度変化への細胞の適応について研究した米英の科学者3人に授与すると発表した。

受賞したのは米ハーバード大のウィリアム・ケーリン氏、米ジョンズ・ホプキンス大のグレッグ・セメンザ氏、英オックスフォード大のピーター・ラトクリフ氏。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。