ゲーテは「佐村河内守」を暴いてみせた

カリオストロ伯爵のペテンを描く喜劇『大コフタ』

ルパンシリーズのおかげで「カリオストロ」の名前は、多くの日本人の心に刻まれている

ルパンシリーズのおかげもあって日本でもその名が知られているカリオストロ伯爵(1743-1795)は、本名をジュゼッペ・バルサモという。生地シチリアを振り出しに、医術、錬金術、オカルティズム、秘密結社フリーメイソンに関する該博な知識や能力をフルに発揮し、あらゆる詐術に手を染めながら、フランス革命直前のヨーロッパを駆け抜けた怪人である。

カリオストロよりも四半世紀ほど前に、やはりヨーロッパでミステリアスな名声の高かったサン・ジェルマン伯爵(1707?-1784)の流儀を真似ることで神秘家としての外貌をまとうことに成功。ちなみに若い頃には史上最大の女たらしとして有名なジャコモ・カザノヴァ(1725-1798)とも面識を得ている。ここからも多くを学んだに違いない。

エカテリーナ2世から貧民まで

カリオストロは、イギリス、ロシア、ポーランドで、自らをエジプト古代の不死の大祭司コプトであると称して様々な降霊術や錬金術、予言、心霊医術を行ってみせた。そして、上はエカテリーナ2世から下は貧民に至るまで、片や憎まれ迫害され、片や礼賛崇拝され続けた。暴れまわった挙句、辿り着いたフランスでは、社交界では大いにもてはやされながら、宮廷を揺るがす「首飾り事件」によって逮捕・国外追放となる。

首飾り事件とは、フランスの名家出身である枢機卿ド・ロアンが巻き起こした事件だ。宮廷への出入り禁止を食らっていたド・ロアンは、王妃マリー・アントワネットに取り入ることで宰相になることを画策していた。それを知った女詐欺師ジャンヌ・ド・ラ・モット伯爵夫人(ブルボン・フランス王家と並ぶ名流ヴァロア家の末裔と自称)は、ド・ロアンに対し、マリー・アントワネットと親しい自分が間を取り持つと持ちかける。ロアンがすっかり信用して度々金品を手渡すのに味をしめたジャンヌは、宮廷宝石商が作成した金1トンに相当する高価な首飾りをマリー・アントワネットに贈れば、彼女は完全にロアンになびくともちかけた。

ロアンはこの首飾りを購入し、ジャンヌに渡してしまう。ジャンヌは早速それを夫に渡し、夫は即座にその首飾りをばらしてはめ込まれていた宝石をロンドンで売り飛ばしてしまった。首飾りの代金が支払われないことに業を煮やした宝石商の訴えにより、ようやく悪事が露見し、ジャンヌ、ロアンは逮捕され、さらにロアンに崇拝されていたというだけで、この件には恐らく関与していなかったカリオストロ伯爵まで逮捕された。

裁判の結果、ロアン、カリオストロ伯爵は無罪となったものの、カリオストロ伯爵は国外追放となった。フランス革命の勃発した1789年、ローマで異端の嫌疑をかけられて逮捕。宗教裁判の結果、1791年に終身刑を言い渡され、4年後の1795年、獄死した。しかし既に存在そのものが伝説と化していたカリオストロ伯爵は、死後もなお、生きて地上を漂泊しているという噂が流れ続けたのである。

次ページ大コフタのあらすじは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT