「不倫」と「芸術」との深遠な関係

井上靖の「雪男」に埋め込まれた、不倫愛の清算

世の中にあふれる本の数々。どんなに読書好きであっても、その存在すら知らないような珍書(大作家の意外な作品、奇天烈なストーリー)はゴマンとある。そんな「珍書」の蒐集に情熱と財産をつぎ込む古書山たかし氏が、目からウロコの珍書探訪記をお贈りする。連載タイトルの「稀珍快著探訪」は、大正時代に活躍した、主に医学的見地に基づく奇譚の収集家・田中香涯の古今の珍談を集めた奇書『奇・珍・怪』にあやかってつけた。さあ、稀珍快著の世界へ行ってみよう!

 

今回もビッグネームにご登場願おう。日本を代表する小説家である井上靖(1907-91)である。

井上靖は京都大学を卒業後、『サンデー毎日』の懸賞小説に入選し、その縁で毎日新聞社に入社。途中兵役を挟み15年近く毎日新聞に勤務した後、1950年の『闘牛』で芥川賞を受賞し、その翌年に退職し、作家専業になった。

それ以後は現代物、歴史物を中心に幅広いジャンルで多くの作品を著し、ノーベル文学賞の有力候補ともいわれた。ダジャレ好きの筆者としては、酒豪だった井上がノーベル賞受賞を逃した夜、「今日は無礼講で「ノーメル賞だ」と知人らにふるまった」というエピソードに深い愛着を覚えている。

『氷壁』(1957年)、『天平の甍』(1957年)、『敦煌』(1959年)、『おろしや国酔夢譚』(1968年)をはじめ、今でも多くの読者を魅了し、映画化、テレビドラマ化された作品も多い。

さてこれまで『稀珍快著探訪』では、大家が描いたUFO、キングコング、エスパー、ツチノコ、つまり大家が取り上げた、ちょっとおかしなテーマにスポットライトを当ててきた。今回は雪男。内容もまた、なんともケッタイなのだ。題して『群舞』(角川文庫)という。

まずは、あらすじをざっと見ておこう。

 人妻かわいさのあまり・・・・

主役はカメラマンの田之村克也。田之村は、人妻である、方良りつ子への一方的な思慕の念を断ち切るべく、半年間、インドやネパールを放浪する。ところが帰国してみると、出所不明ながら 「田之村というカメラマンが雪男を撮影した」という噂で日本中が沸きかえっていた。

まったく身に覚えのない田之村は当初、懸命にその噂を否定しようとしていた。しかし、せっかく放浪したのにさっぱり思い切ることが出来なかったりつ子が、田之村の雪男撮影を信じていると知った途端、田之村はりつ子かわいさのあまり前言をひるがえし、撮ってもいない雪男を撮ったと言ってしまう。

次ページウソがウソを呼ぶ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。