高齢ドライバー「認知機能検査」知られざる中身

世界でもめずらしい検査の仕組みとは?

海外では、個人の自主性が尊重される傾向が強いため、高齢者に限定した検査等の施策を行っている国はまれです。逆に高齢者の運転を阻害することで、生活の質や精神的な健康の低下を招くことを懸念している報告書(欧州連合発表のCONSOL報告書)もあります。高齢者の運転免許の停止率を高めることだけでなく、各自の状態に合わせ、安全な運転社会実現のために必要な施策を行う必要があるでしょう。

高齢ドライバーによる死亡事故は、認知機能の低下によるものだけでなく、当然、身体機能の低下にも起因しています。新聞報道によると、警察庁は認知機能検査に加え、運転技能を調べる実車試験導入を検討しています。運転技能に問題があれば、安全機能付きの限定免許とする制度につなげることが目的のようです。

事故率を下げるためには総合的な施策が必要であり、実車試験の導入で一歩踏み込んだ事故対策が可能となるでしょう。また、自動運転の高度化やAIなどを活用した衝突防止機能の発展などテクノロジーのさらなる活用により、高齢者がそもそも事故を起こしにくい仕組みづくりも求められています。

まずは自身の認知機能を知ることから

認知機能検査というと、認知症と判断されたらどうしよう、自分が受けるのは怖いと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

『これで安心! 75歳からの運転免許認知機能検査  テキスト&問題集』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

ただ、安全で健康的な生活を送っていくためには、自分自身の身体や認知の機能がどのような状態にあるかを知っておくことは欠かせません。

大切なのは「事実を知ること」で、事実を知れば運転時に気をつけるようになったり、認知症を予防するようなトレーニングを積極的に行うことで、認定機能の低下を少しでも和らげることにつながります。

今は75歳未満だったとしても、免許証を持っている限りいつかは受けるのが認知機能検査です。私が代表をしているベスプラのサイトでは、認知機能検査のウェブテストを提供しています。1度は試しにご自身で受けてみるのもよいのではないでしょうか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。