日韓漁業協定の日本にはどうにも不平等な現実

成り立ちから追ってみればカラクリがわかる

密漁船の日本のEEZ内への侵入は後を絶たない(写真:butenkow / PIXTA)
汚水の垂れ流し、ゴミの海洋投棄、魚の乱獲、赤潮の原因となった安易な魚類養殖の拡大――。高度成長期に日本は海を殺しかけた。しかし、海洋民族である日本人は海の悲鳴を聞くことができた。海洋汚染対策や漁場保護を進め、本来の海が戻りつつある。
ところが拙著『日本の海が盗まれる』でも詳しく解説しているが、隣国は海洋破壊を続け、日本の海まで侵しつつある。さらに、日本の海底に眠る海底資源にまで手を伸ばしている。

韓国の密漁が止まらない

韓国の沿岸部の海洋汚染は深刻である。また、韓国の排他的経済水域(EEZ)内での水産物の乱獲は、韓国国内でも問題になっている。さらに深刻なのは密漁漁船の横行である。韓国海域のみならず、対馬沖や隠岐ノ島沖で日本のEEZ内に入り込み、密漁を企てる者も多い。

以前から日本政府は、韓国当局へ密漁船取り締まり強化の要請を出しているが、密漁船の日本のEEZ内への侵入は後を絶たない。日本政府は韓国の漁業政策に厳しい目を向けている。

密漁が止まらない背景には、韓国における深刻な漁獲高減少がある。

韓国の大手紙『中央日報』(2018年8月17日配信)によると、同国で「国民の魚」と呼ばれるサバの漁獲量が30%ほど減少している。韓国国内のサバの漁獲量の70%近くを占める釜山の魚市場では、2017年は14万4700トンの漁獲量で、2100億ウォン(約207億円)の売り上げであった。これは2011年の漁獲高約22万5000トン、売り上げ4250億ウォンの半分近くにまで減少している。

では、なぜ韓国の漁獲量はこれほど減ってしまったのか?

次ページ密漁が増えている理由は
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。