9月は「苦月」、安易に株を買わないほうがいい

「消費税10%」には株主優待券で生活防衛

9月は「苦しむ月」なのかもしれない(写真:YAMATO/PIXTA)
日経平均株価は2万円台前半という極めて狭いレンジで行ったり来たり。こういう時は何かをきっかけに動くことも多い。カリスマ投資家の内田衛氏は9月相場について、どんな戦略で臨むつもりなのだろうか。いつものように「株日記」で振り返ってみよう。

「常習犯」のアルゼンチンが再び大変なことに

【8月13日 火曜日】先週末の日経225先物は、150円安の2万0500円、NYダウは、389ドル安の2万5897ドル。アルゼンチンのメルバル指数が、38%安と大暴落、アルゼンチンペソも対ドルで3割安と過去最安値を付けた。

この連載の一覧はコチラ

1アルゼンチンペソは、2円を切ってきたが、約10年前は25円くらいしていた。昨年の5月、緊急利上げで政策金利を40%にしていたが、高金利でペソが10年で10倍になっても、通貨安で10分の1以下になってしまっては、損してしまう。アルゼンチンは、デフォルト(債務不履行)の常習犯なので、注意が必要だ。

日本郵政(6178)が、一時1000円割れ(11円安の994円、上場来安値)で配当利回り5%超え。終値は、3円安値の1002円。神戸製鋼所(5406)を530円で、2700株を長期保有目的なのでNISA口座で購入。8月6日に540円で2700株買っているが、特定口座なので、こちらは売却予定。日経平均は、229円安の2万0455円。

【8月14日 水曜日】日経225先物は、380円高の2万0730円、NYダウは、372ドル高の2万6279ドル。

アメリカの対中関税第4弾で、スマホなどは、12月15日に先送りすると発表したことを好感した。昨日、第1四半期決算で、営業利益が黒字化したことを好感したワタミ(7522)が、149円高の1678円と大幅高。前々回の記事の、正しい株主優待の使い方でご紹介した外食(塚田農場、四十八漁場、串亭など)のエー・ピーカンパニー(3175)が、2020年3月期第1四半期決算の黒字化を発表し、17円高の560円。日本郵政は、5円安の997円と終値で初の1000円割れ。日経平均は、199円高の2万0655円。

次ページソフトバンク、ついに売り出し価格を突破!
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT