闇営業問題にも動揺しない若手芸人たちの実情

既存の価値観に縛られない「お笑い第7世代」

このように、何事にも物怖じしない度胸があるというのもこの世代の特徴です。例えば、ゆりやんレトリィバァは、アメリカのオーディション番組「America's Got Talent(アメリカズ・ゴット・タレント)」に出演して話題になりました。パフォーマンス自体は不合格という結果に終わりましたが、その前後には流暢な英語で審査員と会話をして何度も笑いを取り、会場を大いに沸かせていました。アメリカ人に対しても臆せず対等にわたり合い、普段どおりにジョークを飛ばすその姿は、実に頼もしいものでした。

闇営業問題はむしろチャンスだ

お笑い第7世代の芸人は、笑いに対してピュアで真面目です。彼らが活躍することで、芸人というものについてまわるいかがわしいイメージを払拭できるかもしれません。現在、お笑い界を揺るがしている闇営業問題の根底にあるのは「芸人はみんな夜の街で怪しい人たちと日常的につるんでいるんだろう」というネガティブなイメージです。

ところが、根っから真面目な第7世代の芸人にはそういったマイナスの要素がありません。だからこそ、起用するほうとしてもフレッシュなイメージを期待して起用しやすいし、視聴者から見ても印象がいいのです。

闇営業問題は、吉本興業とお笑い界全体を震撼させる大問題に発展してしまいましたが、逆に考えると、そういったものと無縁のお笑い第7世代が躍進するこのうえないチャンスでもあります。昔ながらの芸人のような怪しさやいかがわしさを持たない若手芸人は、これからの時代に最も求められる人材なのかもしれません。ダウンタウン、ウッチャンナンチャンなどの「お笑い第3世代」が1990年代のお笑い界を席巻したように、お笑い第7世代もこれから革命を起こしていくことになるでしょう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT