iPhoneで自分だけの「ショートカット」を作る

増税後の金額を一発で変換することもできる

登録しておくと便利なショートカットに関する裏技をご紹介します(筆者撮影)

iOS 12でiPhoneに加わった機能の1つが、「ショートカット」だ。その名のとおり、iPhoneの操作を短縮できるのが特徴で、設定次第では、ある程度の操作を自動化することも可能だ。ただし、機能といってもOSの設定に組み込まれているわけではなく、App Storeからアプリをダウンロードする必要があり、「裏技」に近い存在といえる。

さまざまな機能を組み合わせて、ワンタッチでまとめて実行できるのが魅力のショートカットだが、凝ったものを作ろうと思うと、変数や場合分けなどを駆使しなければならず、プログラミング的な思考が要求される。あれこれ考えながら、さまざまな機能を組み合わせていく作業は楽しい半面、時間もかかる。

この連載の一覧はこちら

とはいえ、初歩的なショートカットでも、ある程度の操作は自動化でき、毎日の生活を少しだけ便利にすることができる。あらかじめ用意されているサンプルほど派手なものではないが、短いものであれば数分で作れる。そこで今回は、初歩的なショートカットの作り方を解説。簡単な計算から、設定の一括変更などを紹介していく。

1.税込み価格を8%から10%に自動で変換

10月に予定されている消費税の増税だが、今までの8%で税込み価格が表記されている場合、総額がいくらになるのかは再計算が必要になる。新税率の10%に合わせて値札は切り替わっていくはずだが、在庫としてストックされていた商品の場合、旧税率のまま表記が変わっていないということもありそうだ。増税前に、10月以降だといくらになるのかを知っておきたいケースも増えてくるだろう。

総額表示の場合、軽減税率を無視すれば、1.08で割った金額に1.1をかければ新税率での総額を算出できるが、これを電卓でわざわざ計算するのは少々面倒だ。税率は日々変動するものではないため、ここはある程度自動化しておきたい。こうした計算を簡単にできるのも、ショートカットの特徴だ。

簡単な掛け算、割り算程度の計算であれば、複雑な手順を組み合わせる必要はなく、ショートカット初心者にも作りやすい。どのような思考方法が必要なのかを理解するのにも、役に立つ。

次ページ実際にショートカットを作ってみよう
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT