日本人の生活に忍び寄る「感染症」の怖いリスク

感染症のリスクが高まる人の集まるイベント

もう1つは、気候変動に伴って病原体が活動しやすい環境になるなどの間接的な影響です。これまで日本ではあまり話題にならなかった感染症の発生動向が注目されます。蚊を例にとると、降水パターンの変化や気温の変化によって発生しやすくなる、これまで冬季に死滅していた蚊が越冬するようになる、生息域が広がる(日本の場合、北上する)などによる影響です。

どのような感染症が増加するか?

蚊やダニになどよって媒介される感染症は、気候変化の影響を受けやすいと言われています。蚊を媒介とする感染症には、デング熱、日本脳炎、マラリアなどがあります。2016年リオオリンピック・パラリンピックの際、日本でも話題になったジカ熱も蚊を媒介とします。

ダニを媒介とする感染症には、ダニ媒介性脳炎、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)があります。リフトバレー熱、ウエストナイル熱、ハンタウイルス肺症候群は、この10年輸入例を含めて日本での感染は確認されていません。

次ページ日本での感染状況
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT