(第4話)舞妓さんのモチベーションを高める言葉

西尾久美子

●言うてくれはる

 新人の舞妓さんたちには、毎日、周囲からさまざまな言葉がかけられます。

 「気ばって、お稽古しているなぁ」といったうれしい言葉も時にはありますが、「かんざしの挿し方、こうしたほうがええ」、「帯をバタバタさせたら、じゃまになるさかい、気ぃつけてや」などと、自分の不十分なことを指摘される耳の痛いことがほとんどです。そのたびに、「すんまへん、○○さん姉さん、気ぃつけます、おおきに」と、謝ると同時に指摘されたことにお礼を言います。そして、置屋に帰って、いつどこでだれから何を「言うてもらった=指摘をうけた」のかを、きちんと報告しなければなりません。

 新人の舞妓さん本人は必死でお稽古したり、お座敷をつとめたりしているつもりですが、経験が乏しい新人の様子は、先輩にとっては未熟なことばかりです。耳の痛いことを言うのは先輩としても決して気持ちのよいものではありませんが、お座敷では、経験年数に関係なく「舞妓さん」というプロフェッショナルとしてお客様の前に立つのですから、サービスの品質を保つためには口にしなければなりません。

 さらに、新人だからといって周囲から期待されている舞妓さんらしい振る舞いができないことは、目の前にいるお客様に適切なサービスが提供できないだけでなく、京都の「舞妓さん」全体のイメージの低下につながるような、大きな問題にもなってしまいます。

 誰でも、不十分でもがんばっていることを評価されるような声かけが欲しいと思います。でも、それだけでは、適切な努力を促すことにつながりません。耳が痛いことでも「言うてくれはる」と受け止めることで、周囲から自分の評価をもらえることを心から「おおきに」と受け止め、それを生かして今後の自分を創っていく自覚につながっていくのです。

花街を歩く芸妓さん。舞妓さんと比べ落ち着いた風情になる。帯も「だらりの帯」には結わずに「お太鼓」と呼ばれる結い方をし、「おこぼ」もはかない。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT