(第3話)舞妓さんの「多面的な気遣い」を育む言葉

西尾久美子

●お目だるおした

 お座敷で日本舞踊を披露した後、舞妓さんたちは丁寧にお辞儀をし、部屋からいったん下がってしまいます。そして、再びふすまを開けて、扇子を置き座り直して、「お目だるおした」と挨拶をします。最近ではほとんど使われなくなった「目だるい」という言葉をお茶屋さんで聞いたとき、私は久しぶりで懐かしいと思うと同時に、はっとしました。

 明治生まれの祖母と一緒に暮らした私は、舞妓さんが口にする「お目だるおした」という意味がよく理解できます。「うちがさっき披露させてもろうた舞は、お客はんにとっては見てられへんほどひどいものどした」と謙遜し、改まって挨拶したのです。

 そして、「見てもらえへんようなレベルの芸事をよう見てくれはって、おおきに」、ということも彼女たちは伝えています。芸事がわかっている地元のお客であっても、初めて舞妓さんを見る海外のお客であっても、見る側の目利きの技量に関係なく、あくまでも謙虚に構えます。その上で、技能発揮の場をもらえたことにも感謝しているのです。

 舞妓さんとしてデビューするためには、日本舞踊のお師匠さんからお許しを得なければなりません(試験があります)。ですから、本当は彼女たちの舞が「目だるい」はずがありません。彼女たちはもてなしの現場で舞を披露するプロとして、料理屋さんの金屏風の前でも、お茶屋さんの三畳の板の間でも、洋風の宴会場に敷物を敷いただけの場所でも、いつどのような状況でも、一定レベル以上の技能を見せる技量と、その責任を自覚するプロ意識をもっているのです。

 そんな彼女たちが、新人のときはもちろん、何年経験を積んでも「お目だるおした」ときちんと言葉にするのは、自分が技能を発揮できることを素直に喜びつつも、上には上があることを自覚して、他者の視点で自分の技量を見ようとしているからです。自分の技能に自信をもつ一方で、絶えずそれがお客にとって価値あるものかと考える、そんな多面的な心遣いが、毎日「お目だるおした」と口にすることで、自然と身につくようになるのです。

舞妓さんは襟足のお化粧も独特。通常は2本に描くが、特別な行事の際には3本に描く。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT