(第3話)舞妓さんの「多面的な気遣い」を育む言葉

●おかげさんどす

 舞妓さんの毎日は、朝から晩までみっちりとスケジュールがつまっています。朝10時ごろ~午後2時ごろまでは学校(女紅場)、夕方からお化粧に着付け、午後6時ごろから日付のかわるころまでお座敷と、眼の回るような忙しさです。その上に、四季折々の行事ごとも多く、デビュー直後の1年間は、「ほんまに、毎日、毎日、夢中どした」と、話してくれる舞妓さんが多いです。

 お紅をしっかり引けるようになった舞妓さんに(1年目は下唇にしかお紅をさすことができません)「よう、1年気ばったなぁ」と声をかけると、「おおきに、おかげさんどす」と、お礼の言葉「おおきに」とともに、「おかげさんどす」と感謝の言葉が返ってきます。私は特別親切にした覚えはありませんが、「おかげさま」と言われるのです。

 「うちが1年間気ばらせてもろうたのは、○○さん姉さんのおかげなんどす」と、いつも親身になってもらっている人に対して「おかげさんどす」と言うことには違和感はありません。でも、直接関係のない私にも、なぜ「おかげさんどす」と言うのでしょうか?

 それは、見守られていることへの感謝だと私は思います。常日頃誰に何をしてもらったか、行為を特定して感謝することも大切です。でも、置屋やお茶屋のお母さん、芸妓さんように関係性がはっきりしている誰かだけでなく、舞妓さんになる過程には、たくさんの人たちの見えない支えがあります。

 お紅を上下の唇にさせたことに対してかけられた祝いの言葉を、単に様子を見られているととらえるか、見守られることに感謝して受け取るかが、周囲に人たちとよい関係を築けるかどうかにかかわってきます。誰かから見守られていると思えるからこそ、今すぐに成果がみえなくても、手を抜かずにしばらく努力を続けてみようと励む、ひたむきな気持ちが湧くことにつながるのです。

千社札:舞妓さんの名刺がわりとなる千社札。2~3センチの小ぶりなもので、シールになっている。財布に張ると「お金が舞い込む(舞妓む)」といわれ、縁起物とされている。写真は宮川町の芸舞妓さんのもの。

西尾久美子(にしお・くみこ)
京都女子大学現代社会学部准教授
京都市下京区で数代続いた米穀商の家に生まれる。京都府立大学女子短期大学部卒業後、大阪ガス株式会社勤務、滋賀大学経済学部を経て、2006年3月神戸大学大学院経営学研究科博士課程修了。同年4月より神戸大学大学院経営学研究科助手、同年10月より神戸大学大学院経営学研究科COE研究員、2008年4月より現職。専門は経営組織論、キャリア論。
著書に『京都花街の経営学』(東洋経済新報社、2007年)がある。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。