湖池屋が「プレミアムポテチ」路線に走るわけ

シェアトップ「カルビーに対抗しない」戦略

湖池屋は2020年6月期の業績について、売上高365億円(前期比7.5%増)、営業利益8.5億円(同25.5%増)とさらなる成長を予想する。高付加価値商品のバリエーション展開や個食ニーズに対応した商品の強化で成長を確かなものにする考えだ。

この7月にはじゃがいも心地の夏向けフレーバー「バジル&ピールの清涼仕立て」を投入。8月15日からはスコーンの新味「禁断のシーフード」を発売する。

経営に余裕が出ても、価格戦略には走らない

「ポテトチップス のり塩」など、比較的安価な定番商品は「ずっと食べ続けてくれる方だけを守っていこうという考え方で、(特売をし過ぎないよう)なるべく価格を維持しながら提供し続けていく」(佐藤社長)。利益を確保しつつ、販売を続ける考えだ。

既存の定番商品とプレミアム商品の構成比は現在約1対1。佐藤社長は「仮に経営的な余裕が出てきても、価格戦略には走らない。より付加価値商品の比率が上がっても迷わず買ってもらえる会社になるのが本物の湖池屋の完成だ」と言い、付加価値商品のさらなる強化を目指す。

立て続けにヒット商品を生み出してきたとはいえ、経営環境は楽観視できるものではい。中長期でみれば、スナックを好んで食べる子どもの人口が減っていく。「スナックを越えた新しいものにチャレンジすることも必要。例えば、これは昼食代わりだよな、スイーツの代わりになるよなというベクトルはあると思う」(佐藤社長)。

湖池屋が成長を続けられるかどうかは、需要の拡大につながるような提案をし続けられるかにかかっている。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ひと烈風録 平井一夫<br>前会長の「ソニーとの決別」

ソニーを立て直した名経営者は、会長に退いてからたったの1年で会社を去った。今後はビジネスの世界から身を引き、日米の子どもたちの就学を支援するという。自らが望む人生を始めて歩み出す平井氏。そのユニークな半生を振り返る。

  • 新刊
  • ランキング