車好きでも意外にわかってないタイヤの重要性

路面との唯一の接点だからこそ本当に奥深い

タイヤの重要性と魅力について、自動車ジャーナリストの岡崎氏にお話を伺った(写真:溝呂木陽)
クルマ好きでも意外によくわかっていないのがタイヤ。レジェンドジャーナリストの岡崎さんも、あるときまでタイヤをあまり気にしていなかったそう。それが変わったきっかけと、それによって変わったクルマの感じ方とは?

タイヤテストは苦闘の連続だった

「クルマと路面の接点は唯一タイヤのみ」……となれば、タイヤの良し悪し、タイヤとの相性によって、クルマのパフォーマンスが大きく影響を受けることは必然だ。

とはいえ、タイヤの重要性を意識/認識している人はごく少数派と言っていい。多くの人たちが、タイヤに対して気に懸けることと言えば、せいぜい空気圧と摩耗といった辺りだけだろう。

もうひとつ加えるなら、メーカーとブランド。大きいメーカーの方が安心できるといった人は多いはずだし、スポーツ系タイヤはブランドの知名度が選択を左右するはずだ。

本記事はLEON.JPの提供記事です

僕の過去を振り返ってみても、タイヤに強い関心を持ったのは、自動車ジャーナリストを職として選び、多くのクルマと真剣に向き合うようになってから。それも、初めから真剣だったわけではない。数年の時を経てからだ。

16才で免許証を取り、24才で自動車ジャーナリストになり、それから数年を経て……だから、クルマに乗り始めて10年くらいは、タイヤの知識はほとんどなかったことになる。

初めて「タイヤ」を意識させられたのは、第1回日本GP(1963年)。ダンロップ、ミシュラン、ピレリの名は知ってはいたが、BSやヨコハマとは違う存在感、、格上感とでもいうのだろうか、、を感じたのは初めてだった。

次ページタイヤへの意識が変わったきっかけ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。