ダイハツ「新型タント」はN-BOXに勝てるのか

7月から発売、販売台数で首位奪還を目指す

7月に販売を開始したダイハツの新型「タント」。月間販売目標は1万2500台に設定した(撮影:尾形文繁)

軽自動車人気の中でも、スーパーハイトワゴンとかトールワゴンと呼ばれる、最も車高の高いワゴン系に人気が集中している。中でも抜群の人気を得ているのは、ホンダのN-BOXだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

全国軽自動車協会連合会(全軽自協)の通称名別新車販売1~12月の確報で、2015年から2018年まで連続1位を獲得している。2013年にN-BOXは発売後初の1位を得ていたが、2014年に一度ダイハツのタントに首位を奪還された。前年の秋口に、タントがフルモデルチェンジをしたからだ。

2014年に対前年比160%以上をタントは売り上げ、N-BOXはその後塵を拝した。だが翌2015年には巻き返し、以後N-BOXの独壇場となっている。

N-BOXの強さの秘密とは?

N-BOXは、なぜそれほど強いのか。ダイハツやスズキが軽自動車メーカーとして永年積み上げてきた商品性とは違った、登録車のミニバン的価値観で登場したN-BOXに、多くの顧客は反応を示した。

ホンダ「N-BOX」。販売台数で競合車を圧倒する(撮影:尾形文繁)

技術的には、登録車のフィットなどで採用された車体中央に燃料タンクを配置する手法を最大限に生かした。後席座面のチップアップ機構(着座部分を背もたれ側へ跳ね上げる)を利用した、独創の室内空間や、自転車を後ろに載せやすくする床の低さ(これも燃料タンクが車体中央にあることで実現できる)、車体側面や後ろ端の様子を鏡で手軽に確認できるようにした装備など、これまで軽自動車の利用者が目にしたことのない商品性で魅了した。

次ページ新型タントに導入したDNGAとは?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。