N-BOXが圧倒的に売れまくる新車市場の死角

充実した商品性で人気呼ぶ裏側では課題も

N-BOX(左)とN-BOX Custom(写真:Honda Media Website)

日本国内で今、最も売れている乗用車は、ホンダの軽自動車「N-BOX」だ。2018年度上半期(2018年4~9月)、N-BOXの販売台数は11万7100台と登録車も含む新車販売台数において1位を獲得した。

N-BOXは2011年12月に発売された先代型から好調に売れて、2017年に登場した現行型も含め、約6年間にわたり高い売れ行きを保っている。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

軽自動車市場における年間(暦年)販売順位を振り返ると、N-BOXは、2013年/2015年/2016年/2017年にわたり1位であった。2012年と2014年も2位。しかも2017年以降は、トヨタ自動車の「プリウス」や「アクア」が登録台数を下げた影響もあり、小型/普通車を含めた4輪車の国内総市場でも1位を獲得している。

2018年度上半期の11万7100台は、国内総市場で2位のスズキ「スペーシア」(7万3606台)、3位の日産自動車「ノート」(6万3303台)、4位のダイハツ工業「タント」(6万3273台)に大差を付けた。1位と2位の差は、2018年度上半期だけでも4万台を超える。

なぜN-BOXは、6年近くにわたって販売上位を保つのか。人気の理由を考えたい。

軽乗用車の中で車内が最も広い

クルマを好調に売るには外観が重要だ。機能性が抜群に高くても、外観が不評では販売台数を伸ばせない。N-BOXは標準ボディ、上級のカスタムとともにフロントマスクの質感が高く、小型車と同等かそれ以上に存在感も強い。

水平基調を強めたこともあり、ボンネット/天井/ホイールベース(前輪と後輪の間隔)の寸法的なバランスもちょうど良い。これらのデザイン的な魅力は、先代型で確立されて、現行型にも受け継がれた。

N-BOXは軽乗用車の中で車内が最も広い。エンジンは先代型も含めてNシリーズ専用に開発され、縦長に設計することでエンジンルームを短く抑えた。その結果、室内長が長く確保されている。

ホイールベースも軽自動車で最長の2520mmだ。全高は2WDが1790mm(4WDは1815mm)と背が高い。

次ページ特に後席は快適
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT