ホンダ「N-VAN」発売1カ月で見せた強烈な出足

月販3000台目標に対し4倍超の受注を獲得

軽商用バンとしては初の助手席ピラーレスで大開口部を実現したホンダ「N-VAN」(撮影:大澤 誠)

ホンダは8月21日、7月13日に発売した軽商用バン「N-VAN」の累計受注台数が8月20日時点で1万4000台を超えたと発表した。当初の月間販売目標3000台に対して、発売1カ月強で4倍以上。年間20万台程度の軽商用車市場において、強烈な出足を見せている。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

N-VANのグレードはベーシックな「N-VAN」の「G」「L」と丸目スタイルの「N-VAN +STYLE FUN」、フロントのメッキグリルが特徴の「N-VAN +STYLE COOL」で構成している。

全グレードともボディサイズは全長3395×全幅1475mmで共通。全高は「N-VAN」と「N-VAN +STYLE FUN」は1945~1960mmと背が高く、「N-VAN +STYLE COOL」はそれより若干低い1850~1865mmのロールーフタイプとなる。

ボディカラーは地味めが売れ筋

グレード別の構成比を見ると「G/L」が41%、「+STYLE FUN」が44%、「+STYLE COOL」が15%。全2色の「G/L」は「タフタホワイトⅡ」と「ルナシルバー・メタリック」がきれいに半々に分かれた。

一方、「+STYLE」の人気カラーは「プレミアム・ホワイト・パールⅡ」(22%)、「ガーデングリーン・メタリック」(20%)、シャイニンググレー・メタリック(20%)。黄色や紫、ピンク、ブルーなども用意されているが、基本が商用車ということもあって地味なボディカラーのニーズが強い。

商用車オーナーだけでなく、ホビー用途のユーザーの個人的なニーズにも応えているようだ。

N-VANは今年、販売を終了した「バモス」「アクティ・バン」の後を継ぐ軽商用バンだ。この分野でホンダが新型車を投入するのは、実に19年ぶりとなる。

「N-VAN」(右下)、「N-VAN +STYLE FUN」(上)、「N-VAN STYLE COOL」の3タイプがある(写真:ホンダ)
次ページN-VANの特徴は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。