ホンダ「N-VAN」発売1カ月で見せた強烈な出足

月販3000台目標に対し4倍超の受注を獲得

軽商用バンとしては初の助手席ピラーレスで大開口部を実現したホンダ「N-VAN」(撮影:大澤 誠)

ホンダは8月21日、7月13日に発売した軽商用バン「N-VAN」の累計受注台数が8月20日時点で1万4000台を超えたと発表した。当初の月間販売目標3000台に対して、発売1カ月強で4倍以上。年間20万台程度の軽商用車市場において、強烈な出足を見せている。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

N-VANのグレードはベーシックな「N-VAN」の「G」「L」と丸目スタイルの「N-VAN +STYLE FUN」、フロントのメッキグリルが特徴の「N-VAN +STYLE COOL」で構成している。

全グレードともボディサイズは全長3395×全幅1475mmで共通。全高は「N-VAN」と「N-VAN +STYLE FUN」は1945~1960mmと背が高く、「N-VAN +STYLE COOL」はそれより若干低い1850~1865mmのロールーフタイプとなる。

ボディカラーは地味めが売れ筋

グレード別の構成比を見ると「G/L」が41%、「+STYLE FUN」が44%、「+STYLE COOL」が15%。全2色の「G/L」は「タフタホワイトⅡ」と「ルナシルバー・メタリック」がきれいに半々に分かれた。

一方、「+STYLE」の人気カラーは「プレミアム・ホワイト・パールⅡ」(22%)、「ガーデングリーン・メタリック」(20%)、シャイニンググレー・メタリック(20%)。黄色や紫、ピンク、ブルーなども用意されているが、基本が商用車ということもあって地味なボディカラーのニーズが強い。

商用車オーナーだけでなく、ホビー用途のユーザーの個人的なニーズにも応えているようだ。

N-VANは今年、販売を終了した「バモス」「アクティ・バン」の後を継ぐ軽商用バンだ。この分野でホンダが新型車を投入するのは、実に19年ぶりとなる。

「N-VAN」(右下)、「N-VAN +STYLE FUN」(上)、「N-VAN STYLE COOL」の3タイプがある(写真:ホンダ)
次ページN-VANの特徴は?
関連記事
トピックボードAD
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • フランスから日本を語る
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。