ホンダ「N-VAN」、乗って分かった軽バンの実力

乗用でイケるかといえば「半分YES」

話題の新型軽商用バンの乗り味とは?(撮影:今井 康一)

新聞や一般紙を含めたマスコミの格好のネタである“クルマ離れ”。公共交通機関が発達している都心部では理解できるが、地方の移動の中心は「クルマ」であることは今も変わらない。その中でも軽自動車の割合は高く、国内新車販売に占める軽自動車の割合は年々増加傾向で、現在は40%近くに達している。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

そんな軽自動車のカテゴリーの1つ「軽商用バン」は一般ユーザーにはなじみが少ないが、軽自動車をラインナップするメーカーにとっては確実にシェアを押さえておきたいカテゴリーである。小回りの利くコンパクトサイズに抜群の積載性、ランニングコストや維持費の安さなどから、ビジネスを支えるパートナーとして欠かすことのできない存在だからだ。ちなみに2017年の軽商用バンの販売台数は約20万1000台。実はこれ、軽自動車全販売台数(約184万台)の約1割を占めるのだ。

そんな軽商用バン市場に今年、彗星のごとくデビューしたのが、ホンダの新型軽バン「N-VAN」だ。7月13日の発売から約1カ月の8月20日までに、累計受注台数が販売計画(3000台/月)の4倍を超える1万4000台を超えた。

「次世代軽バンの新基準を創る」をコンセプトに乗用車(N-BOX)の基本コンポーネントを用いて開発されたN-VANは、さまざまな部分に軽商用1BOXの概念を超えた新発想が盛り込まれており、それらが市場で高い評価を受けた……というわけだ。

スズキ、ダイハツ工業の2強が圧倒的なシェアを握る市場

グレード別比率を見ると、完全な商用である「G」「L」が41%、楽しさをプラスした「+STYLE FUN」が44%、カッコよさをプラスした「+STYLE COOL」が15%である。

ちなみに軽バンの市場はスズキ/ダイハツ工業の2強が圧倒的なシェア握っている。2017年の年間販売台数はスズキ「エブリィ」が7万4828台、ダイハツ「ハイゼットカーゴ」が6万8399台に対し、ホンダは「アクティバン」と「バモスホビオPro」を足しても8769台とボロ負けだった。

次ページ「アクティという教科書」を用いて開発されたN-VAN
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT